2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

これまでのブログ

« 日本海シリーズ4 | トップページ | 日本海シリーズ6 »

2018年5月17日 (木)

日本海シリーズ5

日本海側に来たら何が何でもやはり海に沈む真っ赤な太陽でしょう。太平洋側では見る事が出来ない景色です。暗くなるまでに宿を決めて、明日登る山の入口を確かめて、それから夕日のいい場所探して・・・・結構忙しいかも。
初めて来たところなので西も東も分かりません。取敢えず登山口になる所へと急ぎました。宿は見つからなくても最悪車中泊も考えていました。
 
途中で見た親鸞聖人の像です。何だろうなあと駐車場に入って見ました。塀が有って中は良く見えませんでしたが入口らしきところに西方の湯という看板が有りました。お風呂だけでこれだけの敷地を維持するのは大変ではないかと思ったりして・・・・余計なお世話ですね。なんでも宗教法人の施設らしいのですが一般の人も利用できるのだそうです。素泊まりが出来て安いらしいのですが、目的の場所からはまだ大分あるようだし食事もできそうも無いので写真を1枚撮って出て来ました。

Dsc_5609j

この時点で昼をとうに過ぎていましたが、走る事に夢中でした。途中、コンビニも有ったけど気付くのが遅かったりで、その内またあるだろうと言っている間に専用道路らしきところに入ってしまいました。70kmの標識が有り片側3車線になっていました。ええ!・・・有料なの?所々に入口出口が有りました。分かっていれば何のことも無いのでしょうがこの先どうなっているのかと思うと心配で仕方が有りませんでした。かなり長い間走っていたようですがお陰様で新潟市内を通らずに貫けた様です。目的地まで海岸線を走るようになってきました。何とか温泉という所を過ぎるとまた何とか温泉と続いているようです。目的地も何とか温泉なので、温泉地なら宿泊も食堂らしきものも有るだろうと向かいましたがコンビニも見当たりません。食堂らしきところが有ったのですが人がいないみたいで営業していないようです。大きな駐車場に車が数台止まっていましたが店の傍ではなく海を見に来た風でした。宿泊もできるように書いて有る所も人影が無く宿泊も危うい状態でした。
お腹はぐうぐう言うし、車中泊もと考えていたのに食料が皆無。ナビで見ても何とか温泉と言うのが続くのみ、引き返すには大分走って来たし・・・・。取敢えずまた先に走って見ました。旅館らしきものが有り数台車が止まっていたので聞いてみると何とか空きが有った様で泊れるみたいでした。
宿泊を決めてから夕陽を見るための場所を探しに行きました。海辺に大きな観音様の像が建てられていました。
Dsc_5615j
 
正面に像の名前が書かれていたようでしたが、傍の建物に白岩ホテルと書かれていたのでああ白岩観音かと思ってしまいました。後で調べたら、白岩観音は群馬県高崎市白岩町にある長谷寺に有る小さな観音様なのでした。(他人に言わなくて良かった・・知ったかぶりでした)この観音様はここ越後七浦観音と言うのだそうです。お魚さんの上に乗っているので漁師さんたちのものでしょう。
数人の観光客らしき姿が見えました。みんな夕日を待っているのでしょう。

Dsc_5612j

水平線に落ちるまで少し間が有ったので砂地の所まで下りて見ました。イカ釣り船か何かの電球が有ったので少しいたずらを・・・・

Dsc_5622j

倒して見たり・・・

Dsc_5625j

逆様にして見たり・・・逆様って・・・どっちが逆様なの?

Dsc_5627j

この日は雨こそ午前中で終わりましたが、晴れにはならなかったようで見られるかどうかも危うい様でした。かなりぼやけて一時雲の中に入って消えてしまったりしました。

Dsc_5630j

駄目だと諦めたのか他の人の姿は見えなくなりました。暫くしてくっきりとお日様の姿が見えました。

Dsc_5641j

急いで今度は岩のある方に行って見ました。このアングルなら見れるかな。もう少し波が立ってくれると良いんだけど・・・・水平線が傾いているな・・・地球が円いってことか・・・単に下手なだけです。

Dsc_5653j

岩の反対に回って・・・あれ?どうしてこうなるんだろう?根性が曲がっているんだきっと・・・お日様は水平線には消えず雲の間に消えていきました。

Dsc_5664j

水平線に消える真っ赤な太陽を期待していたのに・・・・後で気付きました。一生かかったってそれは不可能・・・・曇っていて分からなかったのですが、もしかしてと地図を見たらこの方向には佐渡島がどっしりと構えているのでした。これじゃあ女川方面で見た物と変わらないじゃあないか。夕日ってもっと大きなものだと思っていたらここのものは随分と小さかった。遠いからかな・・・ん?

旅館で近くにコンビニが無いか聞いてみた所、この先車で10分ぐらいの所に有るとの事、夕食はとれないし明日の昼の分も用意しなければならないし、地図で教えて貰って行って見ました。なんと!立派な?街が有るではないですか。もうちょっと頑張れば・・・・後の祭りですが。あの時は食に有り付けないとかなり恐怖状態にありましたから。街の中はお祭りの様で車は混んでいました。道脇にお店が並んでいて凄い人だかりでした。そうか連休の為か・・・毎日連休の私にとってはすぐには思いつかないことでした。お店の上には大きなカニの看板が・・・・あれれ・・・いつかどこかで見たような。ここは長岡市寺泊、テレビなどでも良く出てくる景色です。そう言えば・・・思い出しました。昔々大分昔に社員旅行で佐渡島に行くときに立ち寄った場所でした。多分この時はバスの中で夜を過ごし朝方に着いたので殆ど周りの状態が分からない・・・というより、地図で見ていた訳でも下調べをしていた訳でも無いので・・・どこにどういるのか分かるほどの知識も有りませんでした。今回の旅行で少しは分かったかな・・・・。

 

« 日本海シリーズ4 | トップページ | 日本海シリーズ6 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/602178/66719761

この記事へのトラックバック一覧です: 日本海シリーズ5:

« 日本海シリーズ4 | トップページ | 日本海シリーズ6 »