2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

これまでのブログ

« ちょっと地衣類 | トップページ | ソクズ、クサボケ »

2018年6月 8日 (金)

もうひとやすみ

あのトウモロコシのような物が気になっていたので数日してからまた行って見ました。
 
あれ?何か茎のような物が伸びてその先が摘まれたような・・・・
 
Dsc_6995j
 
隣を見たら前回見た時にネギだと思っていたものが・・・タマネギだった・・・だとすると・・・・
 
Dsc_6990j
 
良く見ていたら、何やらネギ坊主のような物が付いたものが有りました。摘み残したのか摘んでいる時には伸びていなくて難を逃れた?ものなのか・・・
これはネギの仲間だなと思い、帰ってからまた調べてみました。ネギにもいろいろ種類が有って・・・でもネギとして活用するにはこの葉は固そうだし・・・やはり根の方か・・・・そのために花が咲かないように摘芯したのか・・・など色々考えながら結局のところ分かりませんでした。
そこでまた又数日後地主さんがいないかなあと行って見ました。幸いなことに、畑で仕事をされている方が居られたので早速聞いてみました。あっさりと「ニンニク」という返事が返って来ました。納得、ネギの仲間ですねえ。今度はニンニクについて少し調べてみました。道の駅などで見かける少し大きめの無臭ニンニク。ニンニクを品種改良したものかと思ったら全くの別種でした。地中海沿岸原産野菜のリーキ(セイヨウネギ)の越冬した後の魂茎なのだとか。無臭と言っても結構ニンニクの香りがして(少し苦みを感じることもありましたが)なかなかいい感じ。見掛ければよく買ってきます。
 
Dsc_6992j
 
これは菜花でしょうか。菜花は菜の花に限らずアブラナ科の花の蕾を摘んだものらしいのですが、菜花は菜花用に改良されたものがあるようです。ハクサイ菜花と言うものも有りました。そこで気になったのがツボミ菜と言うものです。ネットで調べたら全く予想外の姿でした。菜花と似た感じのものだと思っていましたが(実際そういう名札で売られているのを見ています)、からし菜の品種改良したものの脇芽を掻いたものなのだとか。ただこれに関しては「博多蕾菜」というもののようで、こちらでツボミ菜として売っているものとは別物と考えられます。蕾を食べれば蕾菜、何の蕾でも、と思いますが、野菜の多くはアブラナ科、菜花=蕾菜・・・なのかなあ。
 
Dsc_6998j
 
真っ白な花が咲いていました。葉を見るとニンジンのようですが・・・・花が大きめなので観賞用でしょう。ノラニンジン(ワイルドキャロット、アン女王のレース)だと思います。セリ科には同じようなものが有り悩ませてくれます。山菜でもセリとドクゼリ、シャクとドクニンジン、うっかりすると中毒の危険が有ります。見るだけならまあ良いのですが。因みにニンジンの花はもっと小さめだったと・・・一度見た事が有るけど記憶が定かではありません。花が咲く前に収穫されるのであまり見る機会が無いと思います。

Dsc_6999j

アスパラガスにも花が咲いていました。視野を狭めてみればなかなか良いものですが全体を見るとぼうぼうでうんざりしてしまうかも。先日話していたキジカクシ科 クサスギカズラ属 で、栽培されているものはオランダキジカクシ。キジカクシは和製アスパラガスと言われるのだとか。以前山でそれらしきものを見ていたので、キジカクシについて記事書くし・・・と言ってたのでそこに行って見ましたが見当たりませんでした。べつに・・・記事隠しではありませんよ。

Dsc_7035j

手前はホウレンソウでしょう。未だ固い蕾のようです。ヒユ科 アカザ亜科 ホウレンソウ属 野菜をこのように書いたりすると何か変な感じです。次がジャガイモで奥にネギ坊主が見えます。去年ある公園の観察会に行った時に(何の説明の時だったか忘れましたが)手提げからおもむろにネギを取り出し、この葉の表裏は?という質問をされました。そもそもネギの葉って、はあ?という感じでした。考えた事も無かった・・・・。筒状だし・・・・と言って茎でもないし、ヤッパリ葉か・・・上を向いている方が表?でも茎を向いている方が裏。丸くなっているからどこから裏で何処から表?という具合で子供相談室でよく出る事なのだそうで・・・・それすら考えていなかったのは・・・・・結論は全部裏で表は無いのだとか。
お客様にはネギ料理を・・・・おもてなし・・・ネギが嫌いな人には、良いんですよとねぎらいの言葉を・・・・


Dsc_7045j

アサヅキだと思ったらアサツキと言うらしい。葉を見ると枯れて倒れこんでいて見苦しいけど花だけ見ればいい感じ・・・・もう少し早ければいい景色が見れたかも。

Dsc_7047j

広い荒れ地の草むらに薄紫の花が見えました。ラッキョウの花のようですが・・・
 
Dsc_6980j
 
ラッキョウにも色んなものが有るようで・・・ヤマラッキョウ、イトラッキョウ、ハマラッキョウなど。観賞用のものが逃げ出したものかと調べてみましたが何れも雄蕊が花弁より長く突き出ているようだし、花期が全て秋ごろでした。調べる時に「花ラッキョウ」で調べるのに気が引けました。*屋の花らっきょうの意識が高かったから・・・でも花らっきょうは*屋に限らず普通に使われる名前でした。でも漬けた物の名前で・・・・と思ったら、花らっきょうの花と言うのも有り調べたら福井県の砂丘で育てられたラッキョウのブランド名なのだとか・・・それでもないし・・・葉はネギのような筒状ではなくニラのような感じです。調べる方向を間違えているのかもしれません。誰か教えて~。
 
Dsc_6985j
 
今回もまたグダグダと余計なことまで書いてしまいました。余計ついでに・・・・
ニンニクは私の故郷の特産品で・・・・と言っても住んでいたころは未だブランド化されておらず植えている所を見た事が有りませんでした。ニンニクは好きで良く食べているのにその植えている所をこの年齢になるまで見た事が無いなんてお恥ずかしい限りです。








« ちょっと地衣類 | トップページ | ソクズ、クサボケ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/602178/66803559

この記事へのトラックバック一覧です: もうひとやすみ:

« ちょっと地衣類 | トップページ | ソクズ、クサボケ »