2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

これまでのブログ

« ツルドクダミ | トップページ | 花が無ければ・・・ »

2018年8月 6日 (月)

ミヤマウドその後

前回名前を教えて頂いたミヤマウドですがそろそろ咲く頃ではないかとまたその場所に行って見ました。
 
今度は間違いなく場所を憶えていたのでウロウロすることも無くたどり着けました。白い小さな花が付いていましたが殆ど終わりの方で実になりかけていました。

Dsc_9195j
 
蕾や花や終わったばかりの所など色々見れるようで結果的には良い時期に来たのかもしれません。

Dsc_9198j
 
花が小さいし風で揺れるし少し手を休めると蚊が止まったりしておちおち写真を撮っていられません。

P7251254j
 
適当に数だけは稼ぎました。茎などツルツルで毛など無いと思っていましたがこうして見ると白い毛が見えます。

P7251258j
 
ウドよりトチバニンジンの方に似た感じかな。

P7251262j
 
黄緑色なので殆ど目立ちません。

P7251270j
 
透明の液体は蜜なのか、周りが濡れていないので水滴とは
考えられない。こんなにあっさり見せつけられては虫たちも黙ってはいられませんね。

P7251272j

花弁が落ちたもの。少し赤みがさしてきていました。ここから丸くなって黒い実になって行く・・・・想像できませんね。
 
P7251264j
 
近くにウドの花(未だ蕾のようです)が有りました。何となく似ているようであまり似ていない様で・・・

Dsc_9209j

関東地方から中部地方の山地や亜高山の林内、林縁に見られるとの事で分布的に限られているようです。珍しいものが見れたし名前も分かったし良かった。

« ツルドクダミ | トップページ | 花が無ければ・・・ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/602178/67030922

この記事へのトラックバック一覧です: ミヤマウドその後:

« ツルドクダミ | トップページ | 花が無ければ・・・ »