2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

これまでのブログ

« キバナノムラサキウマゴヤシ? | トップページ | アサザ »

2018年8月11日 (土)

ヒキヨモギとセイヨウヒキヨモギ

ヒキヨモギを見に県南方面に行って見ました。分布的には日本全土で見られるようですが場所が限定されるようです。
 
連日の晴天続きで地面はカラカラ状態でした。雀の涙程度の雨が少しあっただけ。ヒキヨモギは半寄生植物なので周りの植物の根からも分け前を戴いて何とか命を繋いでいるようですが、周りも苦しいみたいで大分枯れかかっています。

Dsc_9431j

周りのものが元気なら・・・・こちらは元気いっぱいのようです。

P8021412j

なんとも変わった形の花です。ハマウツボ科なので今年の春に見たヤセウツボやコシオガマ、ヨツバシオガマ、コゴメグサ、オオナンバンギセルなどの仲間です。
ゴマノハグサ科かと思ったら変わったようです。

P8021422j
 
この他にオオヒキヨモギと言うものも有るのだとか。ヒキヨモギの花は左右対称ですがオオヒキヨモギは非対称なので分類できるのだとか。

P8021424j
 
8年前の写真を引っ張り出して来ました。今年見つけようと思っていたのですが見つけられませんでしたので。震災の前の年です。海沿いの公園の草むらでネジバナを見つけたので見て廻っている内に変わった花に気づきました。写真右上隅に黄色の花が見えます。

P7180445j

数株有ったようです。ここまで写真を撮っていたとは・・・記憶に有りませんでした。
 
P7180454j

この写真だけだとばかり思っていました。これをプリントしてあちこち聞いて回ったのですが名前が分かりませんでした。マツヨイグサじゃないかなあと言う返事でした。数年前にヒキヨモギのことを知り調べている内にセイヨウヒキヨモギと言うものが有る事を知って調べたところこの花でした。

P7180450j

セイヨウヒキヨモギ ハマウツボ科 セイヨウヒキヨモギ属  ヨーロッパ西部原産の帰化植物 道端や河川敷に生える 花期は5~6月
私がこれを見たのが2010年の7月18日だったので、その頃と思ったり、ネジバナが咲く頃と思って探し始めたのですがどうしても見つかりません。実際は5~6月に探さなければならなかったのかもしれません。草刈りか何かの都合で花の時期がずれていたのかもしれません。この時はもう一回確かめようと言ったのですが時すでに遅し・・・・草刈りに遭っていたのでした。そして来年には・・・と思っていたのに津波で流されてしまいこの辺の様子も一変してしまいました。それ以来見る事は有りませんでした。帰化種なので有る所にはどさっと有るはずなのですが・・・・・
また来年の課題かも。

 

« キバナノムラサキウマゴヤシ? | トップページ | アサザ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/602178/67039415

この記事へのトラックバック一覧です: ヒキヨモギとセイヨウヒキヨモギ:

« キバナノムラサキウマゴヤシ? | トップページ | アサザ »