2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

これまでのブログ

« 不明なコケ | トップページ | トサカゴケ? »

2019年1月28日 (月)

ムカシヒシャクゴケ?

以前の話になりますが市内の山で観察会をしたときに集合時間より早めに現地に着いたので先に少し山の中を見て歩きました。山道の途中で握りこぶしより少し大き目の石にコケが生えていたのを見つけたので写真に撮って見ました。
 
同じ様な写真ばかりになりますがピントだけは何とか合っていたようです。

Pa214190j

コオイゴケ、ノコギリコオイゴケなどを調べていてムカシヒシャクゴケではないかと思うようになりました。

Pa214184j
 
背片、腹片の周囲に歯が見える事、背片が茎を覆っていることから間違いないと思うのですが図鑑の説明文には鈍ー円頭、円ー鈍頭と書いて有りましたが、挿絵を見ると尖っているように(針の様ではないけど)も見えるけど・・・

Pa214186j
 
こっちがノコギリコオイゴケなのかと思って調べて見ましたがやはり背片の形が違います。他にはそれらしきものが見つけられなかったので取敢えずムカシヒシャクゴケと言う事にしておきます。

Pa214192j

ムカシヒシャクゴケ ヒシャクゴケ科 ヒシャクゴケ属 本州(関東地方以南)
山地の硅石などの上にマットを作る。灰緑色ー褐緑色。茎は長さ7cmになる。葉は接在し、背片は茎を覆い、円形、腹片の1/2-3/5長、鈍ー円頭、逆三角形の尖った歯で縁取られる。腹片は楕円形、円ー鈍頭、歯で縁取られ、基部は茎に流下する。・・・後略・・・・。
関東以南となっていたし県内でも記録が無いので違うのかと思いましたが(最新の情報が無いので分かりませんが)他に見付ける事が出来ないのでこのままで良いでしょう。













« 不明なコケ | トップページ | トサカゴケ? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ムカシヒシャクゴケ?:

« 不明なコケ | トップページ | トサカゴケ? »