2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

これまでのブログ

« マキノゴケ | トップページ | コスギゴケの雄花盤 »

2019年1月 7日 (月)

オタルヤバネゴケ

同じ公園の道脇で気になったものが有り覗き込んだら色んなコケが見つかりました。最初気になったのはイクビゴケですが、何時ものイクビゴケに比べて小さいのでは?と感じましたが葉も枯れかかっていましたから、そんなわけで・・・・と撮って来ませんでした。近づいたおかげで遠くからは見えなかったけどまた気になる所が見えて来ました。
 
こんな所でしたが、普通なら見逃していたところでした。

P1075256j
 
とは言ってもそれほど珍しいものでもないのでしょうけど。最初は白く小さなものがポツポツと見えただけでした。カメラで覗いて見たら見覚えのある蒴の姿でした。(実際はこれは蒴が入っている花被です。蒴柄が伸びて先から出てくるのでしょうけどまだ見た事は有りません)

P1075258j
 
オタルヤバネゴケだと思います。図鑑で見た時は真白だったので違うのかと思いましたがネットで見た物はこれと同じ色形でした。そして葉の形も同じ感じでした。黄緑色の小さな球形のものは無性芽だそうです。

P1075260j

ヤバネゴケ属の8種中で似ているものはカタヤバネゴケ、マルバヤバネゴケぐらいのものだと思いますがネットで見ても殆ど名前ばかりで写真が有りませんでした。
葉の切れ込み具合や形、茎へのつき方などから見分けられるようですが・・・一応それも合致していると自分勝手に思い込んだりして・・・・。


























« マキノゴケ | トップページ | コスギゴケの雄花盤 »

コメント

コケ記事の連続で、嬉しく拝見しました。
こんなにもアップで、詳細に撮って頂いて、本当に同定が
楽しくなります。 
図鑑は、仕方ないですが写真が一枚しか載ってないので
あれこれ、名前に迷います。
ヒナノハイゴケもなかなか、葉のアップは図鑑で見られませんよね。
タチヒダゴケもしかり!ですが。

オタルヤバネゴケはエンジの花被が、独特の色なので私もいつも行く
フィールドで同定していました。葉に変異が多いらしく、山の木さんの
写真と私が見ていたオタルヤバネゴケの葉とは形が違うような・・・。

ゼニゴケ系は、ジャゴケとケゼニしか同定して無かったので、興味深く
記事を拝見しました。
いろいろ、勉強になります。
ありがとうございます。


山のモスッ子様
見て頂き有難うございます。殆ど自信が無いんですけど。
教えて下さる方がいれば心強いのですが・・・・。
なかなかいないものですね。
オタルヤバネゴケは名前が気になったから頭に残っていました。
色々名前が有って、それなりの名前が付いているようですが、
今のところ蘚類と苔類、ツノゴケ類の区分けが何となく分かったぐらいで
科や属までには程遠いようです。
詳しい方などは学名(ラテン語)で話したりしているのでなかなか話に入れません。
日本語名よりそちらの方が覚えやすいのだとか。
モスッ子様はどうでしょう?

コケの名前ですが、いくつかのコケ関連本でラテン語で覚えた方が
わかりやすい、とか書かれていますよね。
でも、ラテン語が正しく読める訳でもなく、例えばネズミノオゴケを
見つけて、あーネズミの尾に見えるわ!なんて今の所は喜んでいます。
どこがヒツジなんだ?とか突っ込む要素もありますが、研究者でも
学者でもない私は、科も目も気にしてはいません。

今はコケが好き、趣味がコケ観察で満足しています。

確かなコケの知識を持っている人が教えて下されば、また違う考えに
なるかもしれませんが・・・。

コケを教えて頂ける機会はなかなか、無いですね。
私は浜松市に住んでいますが、二度、三重県の観察会に行って見ました。
学芸員の方が案内してくれましたが、定員一杯でした。

自分の同定が誤っていたものもあり、やはり教えて頂く機会は貴重だと
思いました。が、東海地方はなかなか、観察会がありません。

樹木観察や季節の花観察をしている公園事務所にもぜひ、コケ観察を、と
頼みましたが、講師捜しも難しいのと、コケに関心が高まっていることに
思い至っていないようでした。

私は、専門的で無くても、コケをまず見つける、観察する、きっかけができれば
まずは第一歩かな、と思っています。
ので、友人にも声をかけて誘って、三度ほど一緒に観察しました。
図鑑も持って、霧吹きも持って、カメラも持って楽しい時間でした。
2mを4時間かけて見ました。
友人は山仲間ですが、2人ともイワダレゴケやヒノキゴケ、エゾチョウチン
ゴケ、コウヤノマンネングサを一緒に見たときは歓声でした。

かなりの変人達かも?・・・・・


と、コケ談義に熱くなってしまいましたね。

話すのも好きなので、ついつい!
懲りずに、また記事をアップして下さいね。

山のモスッ子様
貴重なお話有難う御座いました。楽しく読ませていただきました。
矢張り日本名の方が馴染みやすいというかイメージできますね。
三重まで行くなら岡山も同じ、ではないのかな?コケといえば岡モスと
思っていました。ネットで名前を知っただけで詳しくは知らないのですけど。
どちらにしろそうそう頻繁に行ける所ではないでしょうけど。
東京あたりには結構あるのかと思っていましたがそうでもないのかな。
此方からだと遠すぎて二の足を踏んでしまいます。そこまでは・・・です。
でも一緒に歩いてくれる人がいるだけでも良いですね。
市内の野草園で年に一度だけコケのイベントが有るのですが、観察会は
園内で2,3時間ぐらい、コケ玉つくりとかの方が人気らしいです。
大学の植物園でやらないのか聞いたらアンケートに書き込んでくださいと
言われました。やはりコケについては専門的な人がいない様です。
今のところネットで何人かの方が載せてあるものを色々見比べ、ある程度
絞り込んでから図鑑を見て決めるようにしています。
今のところ大分いい加減ですけどそのうち何とかなるのかなと思いつつ・・・。
またいろいろお話を聞かせてください。楽しみにしています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オタルヤバネゴケ:

« マキノゴケ | トップページ | コスギゴケの雄花盤 »