2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

これまでのブログ

« エゾホウオウゴケ? | トップページ | またコケた »

2019年2月10日 (日)

セイタカスギゴケ?

コケの写真を見直していたら、去年の9月頃に撮った写真の中にスギゴケの仲間のものが有りました。撮った時はウマスギゴケかなんかだろうと適当に撮っていたのであまり枚数は有りませんでした。蒴らしきものも有ったようですが同行者もいてあまり時間もかけられない所に風も有ってピントが合わせられず、結局は撮らずに帰って来てしまいました。
 
記憶の中では、ウマスギゴケと思うほどの大きさですから大きい方の部類でしょう。

Pa214226j
 
そして枯れた葉の形でも枠が狭められます。葉も細長いなどから絞っていくとセイタカスギゴケになるのだと思います。

Pa214228j
 
ピントが合っていませんが葉の縁には基部近くまで歯が見えます。

Pa214230j

以前も書いたような気がしたので調べたら、コセイタカスギゴケでした。県内でも少し高い山では見られているようです。
 
セイタカスギゴケ スギゴケ科 ニワスギゴケ属 北海道ー九州 亜高山針葉樹林の林床に多い邦産の本属中最も大型の種で、茎は8-20cmに達する。全体に濃緑ー褐緑色。葉は卵形の鞘部から披針形に伸び、長さ10-18mm、乾くと強く巻縮する。鞘部は全辺。・・中略・・雌雄異株。蒴柄は長さ1.5-3.0cm。雄株は雌株よりやや小さく、葉も短い。










« エゾホウオウゴケ? | トップページ | またコケた »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: セイタカスギゴケ?:

« エゾホウオウゴケ? | トップページ | またコケた »