2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

これまでのブログ

« ジャバウルシゴケ | トップページ | イワダレゴケ »

2019年4月 8日 (月)

春は南から

先日日曜日はまあまあの天気で県南方面に行って春を探して見ました。朝の出がけに見た桜も帰りには満開状態でした。もしかして花見客で道路が混むのではと心配しましたが、行きも帰りもそれ程の渋滞と言うほどではありませんでした。珍しいものではありませんが、今年初の花見と言う事で載せてみました。

山に入る前に咲いていました。スミレかなと思ったけど葉柄に翼が見られなかったのでヒメスミレでしょう。

Dscf8269j

こちらも同じく、コスミレのようです。

Dscf8266j

こんなものも・・・アブラナ科のようで、葉に白い毛が一杯ついて・・・イヌナズナでしょう。同じような感じでもう少し小さめで白花のもの、シロイヌナズナと言うものも有りますが、今年はまだ見ていませんでした。

P4073897j

山の中に入るとスハマソウが咲き出していました。少し登った所なので平地よりは遅いのでしょう。

Dscf8285j

アブラチャンです。クスノキ科 クロモジ属 本州~九州 
この山にはあちこちに咲いていました。フサザクラを見た所にも咲いていたけど、市内や県北側では見た事が無いのでどちらかと言うと暖かい方に多いのかな?

Dsc_1358j

カキドオシですが、ん?です。あれ、もっと紫色では無かったっけ?初めてだっけ?忘れていただけかも。

Dsc_1403j

キバナノアマナが寝っ転がって昼寝をしていました・・な訳はないか・・・

Dscf8301j

白っぽいもの、薄紫のもの、エゾエンゴサクも咲き出していました。オトメエンゴサクだと思ったら統一されたみたいです。

P4073971j

キミノヤドリギ?花らしきものが一杯見えて、その中に白緑の丸い実が2,3個見えました。今年の実だとするとこの先赤くなるかもしれませんが・・・

Dsc_1384j

白い毛の生えたコップ状のキノコ・・・シロキツネノサカズキノだと思いました。やった!初めて見るものです。帰って来てから調べて見ました。シロキツネノサカズキモドキなのだそうです。

P4073877j

長期予報で雨の可能性も有ったのですが何とか降られずに済みました。昼頃までは穏やか・・と思っていたら急に風が出て来て、太い大きな樹の上の方でうなりを上げていました。先日来強い風が吹く日が続いているように思えます。異常気象があちこちで聞かれ、今年の山歩き大丈夫かなあ・・・

 

 

« ジャバウルシゴケ | トップページ | イワダレゴケ »

コメント

こんにちは!
またまた、いろんな春の花達の登場ですね。

シロキツネノサカズキモドキ、本当に面白い!
もちろん初めて見ましたが、キノコ類でしょうか?
自然界には面白いものが満載ですよね。

浜松とそちらでは植物の生育環境の違いもいろいろあるんだな、
と感じています。
ヤドリギは2ヶ月ほど成長時期が違いますね。コスミレは鉢に植えていますが
花の色がうちのものはもっと薄いです。
アブラチャンは近くの低山でよく見ます。ダンコウバイと紛らわしいですが・・・。


とにかく、自然散策楽しいですね。
先の日曜日にタラノメとワラビ収穫に山仲間と行きました。
例年より寒く、成長も遅れていて、数は少ないけれど適度な大きさのものが採れて
林道脇で天ぷらを作り食べました。
そのとき、タマゴケを捜しましたが乾燥のためか朔が全くなくてがっかりでした。

雪山登山は低山のみトライしますが、急なところは行かないように
しています。蔵王と吾妻山は登山をしました。
登山道もわからなくなるので、地図とにらめっこ、GPSを持っている仲間がいれば
それにも頼っています。

本当は花を見ながら・・が私流ですが仲間と季節によっては歩きが主流になることも
あります。

でも、そろそろ若い人とは無理なので歩く登山からはフェードアウトしようと思って
いるところです。

山のモスッ子様
シロキツネノサカズキモドキはベニチャワンタケ科のキノコです。
名前が面白いですね。モドキで無いものは夏に出るらしいので会えるといいけど。
先日のタマゴケの蒴は出来たばかりの所でした。やはりそちらとは一足も二足も違うようです。
アブラチャンはやはり暖かい方に多いようですね。ダンコウバイは野草園で見ただけで
山では見ていません。ヨコクラノキも県南地域で北限になっているようです。
昨夜は雪で、朝起きたら積もっていました。きっと桜もビックリしたのではないかと。
何時までも冬タイヤでは馬鹿にされそうと思っていた矢先でした。もう無いと思いますけど。
もしかしたらそちらの方がもっと積もったのでは?
山にはまた積もったと思われるのでここ暫くは行けないと思います。
こちらではワラビは何時もGW後位だと思っています。
県南方面には良いワラビが一杯、採り放題状態で見つかります。誰も採らないからです。
未だに影響があるようです。ただタラの芽は殆ど採られて無いのですから不思議です。
だんだん花の数も増えて来て今年も忙しくなりそうです。お互い頑張りましょう。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ジャバウルシゴケ | トップページ | イワダレゴケ »