« 春は南から | トップページ | ヌカボシソウ »

2019年4月11日 (木)

イワダレゴケ

遅ればせながらイワダレゴケです。先日県南方面の山に行った時に初めて見ました。見るのが初めてかどうかは怪しい所、見てはいたけど断定はしていなかった、記憶に残っていない、何とも情けない・・・。

沢の方に下りて行った斜面の所にこんもりとしたコケの軍団、その中に有りました。

P4073869j

見ていて一瞬、あれ、クジャクゴケ?と思いましたが、立っているのは蒴ではなく今年伸びた新しい茎のようです。

P4073871j

イワダレゴケはこんな感じで伸びていくのだとネットで知りました。間違いないと思いつつ、茎は毛葉に覆われているとも書いていたので見てみました。全然見えないし・・・枝じゃダメか・・・

P4104022j

茎を見ても・・・・無い・・・違ったかな?でも茎葉の先が細く尖って縮れている状態はその様だけど・・・

P4104004j

あちこち探して見ました。この辺では何となくあるような・・・

P4104002j

そうか、濡れているので透明になっているのかも・・・ティッシュで吸い取って見ました。でもななさそう・・

P4104012j

ここには一杯有りました。茎葉の陰や透明になって見えなかったのかもしれません。

P4104014j

茎葉には途中まで伸びる2本の中肋が有るのだそうで・・・そう言われればそう見えます。葉だけにしてみればもっと見やすいのだと思いますが、そこまでの技術が無いので取敢えずここまでとしておきます。

P4104026j

イワダレゴケ ヒヨクゴケ科 イワダレゴケ属 北海道~九州の深山、特に亜高山の針葉樹林の林床や岩上、腐木上などに緑色の光沢のある群落をつくる。

 フトリュウビゴケ、ミヤマリュウビゴケなどと同属のようで、今度はそちらも探して見たコケです。

 

 

 

 

 

 

« 春は南から | トップページ | ヌカボシソウ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 春は南から | トップページ | ヌカボシソウ »