2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

これまでのブログ

« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »

2019年6月

2019年6月30日 (日)

雨の日はアリバイが無い

雨が降らない日は殆ど花を探しに出かけています。日記、日誌を書く習慣がなく、写真のプロパティから日付を読み取り、ああ、この日はどこどこに行ったんだと日誌代わりにしています。雨の日が長くなったりすると写真がなく、記憶も曖昧でどこで何をしていたのか答える事が出来ません。家で何々をしていたという記憶も無いのでアリバイ証明が出来ないのです。と言う事で・・・も無いけど、今回は23日に蔵王に行った時に見ていたコケの話です。

シモフリゴケだと思います。以前別の山で見た物を載せていましたが、ほとんど乾燥した状態のものばかりで、感じが大分違って見えます。

P6170900j

雨が降った後で見たためか縮れておらず、スナゴケも透明尖が出来るのではなかったっけと・・・

P6170902j

緑の葉の部分には鋸歯が無く透明尖の縁にだけ見られるようなので間違いないだろうと思いました。

P6170921j

6月もあっという間に過ぎて行ってしまいました。仕事が多く入ったりして余り出かける事が出来なかったかと思いましたが新しく見られたものもそこそこ有ったのでまあまあの出来でしょう。7月も頑張って探して歩きましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年6月29日 (土)

トクサ属2種

田んぼのあぜ道も歩いていたのでそこも廻って見ました。その脇の湿地にはトクサの仲間が群生していました。えーと、スギナ、トクサは外してイヌドクサ、ミズドクサ、イヌスギナ、ミズスギナと考えられるけど・・・。調べたらミズスギナはまるっきり他の物(ミソハギ科キカシグサ属)でした。ミズドクサの別名でも有りました。と言う事で3種から2種の名前を決めればいい訳で・・・簡単かな?

トクサ風の茎で草丈が高い。1mは超えているようです。先端は細長く次第に細くなっています。枝は茎に輪生し結構長い。節数が多いのかと思ったら節間が長い事もある様で・・・あるる程度下の方には枝が無い。季節的に遅かったのか胞子嚢は見られませんでした。付けるのかどうかネットでは見る事が出来ませんでした。

Dsc_2353j

途中で折れたようなものが有りましたがここから胞子嚢が出ていた?

Dsc_2350j

茎は固そうに見えたけど途中から折れ曲がっているのも有りました。指で挟んでみたら簡単に潰れました。

Dsc_2351j

折って見ると中空で結構薄い。これだけの背丈で枝も広く出して良く立っていられるものだと感心する。そのために太かったり長い枝を出して群生してお互い支えあっているのかもしれません。

P6251298j

これは余り枝を広げていないようですが若いからだと思います。上と同じ種でしょう。

P6251305j

これは別の種でしょう。ここまでのものはミズドクサ。下のものはイヌスギナだと思います。イヌドクサについては以前ブログに載せていたと思います。写真データがハードデスク破損で無くなってしまいましたので、ここでは載せる事が出来ません。

Dsc_2359j

さて携帯の方はどうなったのでしょうか。同じところを2周しても見つける事が出来ず、ガックリして帰途につきました。そう言えば修理用部品が無いので新機種に変えろとハガキが来ていた様な・・・。時代に沿ってそろそろスマホかな?・・・また金がかかるなあ・・・。もしかして車の中に落ちているのでは?と昨日探したけど無かったし・・・家についてふと思いついた。大体にして携帯を持って行ったっけ・・・。
でも昨日机に座って(座ったのは椅子にだけど)パソコンを見た時には気づかなかったけど・・・取敢えず鳴らして見よう・・・あららら・・・机の上で鳴っていました。メモ用紙の下敷きになって隠れていました。今日1日何をしてたんだろう。年は取りたくないなあ。お粗末でした。

 

 

 

2019年6月28日 (金)

ノミノフスマ?

ポケットには手を入れていないけど、写真を撮るのにしゃがんだりして落ちる可能性が有ったのはもう1ヶ所有りました。少し薄暗い葦などが生えている湿地でした。ハコベなのかツメクサなのか・・・

これって花かい?花弁が緑色だし・・・ふっと思い出した。以前青森県のある沼でやはり同じものを見た記憶が・・・その時は良く見たら中に黒い種子のようなものが見えたので、花ではなく果実が乾燥して開いたものだと知りました。これには種子はなく白っぽい蕊のようなものが見えます。

P6251373j

ツメクサにしては幅があるしハコベにしては狭い。毛は生えていない様だし・・・

P6251363j

細い茎をのばして所々地に着いた節から白い根を出している様でした。

P6251366j

いろいろ探して見たけどそれらしいものは見つけられませんでした。

P6251370j

結論としてはやはりノミノフスマの果実が割れた物のようです。蕊のように見えるのは種子を落ちないようにつなぎとめている紐?なのでしょう。松江の花図鑑の中に似た様な写真が有りました。茎の色など少し違いますが環境によるものでしょう。ここでも携帯は見つかりませんでした。ここは水が有る所で、ここで落ちたなら間違いなくアウトになっているでしょう。後はもう思いつくところは有りませんから、ひたすら同じ経路をたどって歩くのみです。

 

 

 

 

2019年6月27日 (木)

ハタケゴケなど

ウキゴケの所では見つけられず今度はハタケゴケの所で・・・

ハタケゴケのようだけど、以前見た物はミゾウキゴケと言われてたし・・・

P6251430j

良く見たらハタケゴケで間違いなさそうです。見るのは2回目ですが、以前のものはもう少し水気の無い所だったけど・・・ここはウキゴケの有る所とそう変わらないような所だけど・・それも有り?

P6251432j

ここでもスケールをあてていたようで・・・でも携帯は見つからず・・・

P6251437j

これはコハタケゴケでしょう。

他のコケ達と一緒になって生えていました。こんな感じは初めてです。

P6251424j

あら~こんなところまでスケールをあてていたなんて・・・

P6251442j

コケの周りには無かった。あとは周りに草が生えている様な環境下だけ・・もう視力だけでは探しきれないようです。呼び出し音を頼りに探すしかない様で・・・ある事に気が付いて一抹の不安が・・・もしかしてマナーモードに切替わっていたら・・・ポケットの中で知らないでいるうちに勝手に?マナーモードになっていることが良く有ったから・・・でもコールはしている様なので水に落ちたり、電池切れになったりはしていない様で・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年6月26日 (水)

ウキゴケ

午前中頼まれていた仕事を終わらせてから急いでまた沼の周りに行って見ました。先ずは可能性が一番高い、コケにスケールをあてた所に行って見ました。

沼の近くの湿ったところでウキゴケを見つけました。

Dscf8691j

これしかないのかと思い周りを見たら・・・

Dscf8699j

有るわ有るわ・・・ウキゴケはこれで2回目だけどこんなに有るのは初めてでした。それに初めて見たところのものは田んぼの縁で、トラクターにかき回されて見えなくなっていたので、今のところここが唯一の場所と言う事になります。

P6251397j

一応スケールをあてておかないと、写真だけでは大きさが分からないだろうからと・・・

P6251448j

この個体は全長約1cm、幅が約0.5mmのようです。このウキゴケに似ていて見かけだけでは区別がつかないものも有るようなので、これが真正のウキゴケかどうかは分かりませんが他にこれと言ったものも見つけられません。

P6251449j

ポケットには携帯とスケールとデジカメとごちゃごちゃと入れていて、スケールを取り出す時にもしかしたら知らない間に転げ落ちたのでは・・・とこの辺を探したけど見つかりません。仕方がないの借りてきたもう1台の携帯を鳴らしながら歩き回ったところを探して歩きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年6月25日 (火)

イチョウウキゴケ

先日県北の沼の周りにある花を探しに行きました。沼の周りには田んぼや休耕田、湿地が有り、そのようなところに生える県内では珍しい花なので・・・・。残念ながら見つける事が出来ませんでした。
その代わりと言っては何ですが他の物を色々と写真に撮って来ました。

田んぼの縁の所に一杯浮いていました。

Dsc_2370j

少し渇き始めた所にも有りました。

Dsc_2372j

イチョウの葉のような形をしているので付いた名前のようですが、他のコケ達に比べたら大きめなのであればすぐに見つける事が出来ます。このように集団でいる所を見るのはここで3ヶ所目です。
田んぼには草が生えていないので農薬は使っているのだとは思いますが、引き込んだ水の入口になっているため薬からの難を免れているのだと思います。他の場所も同じ環境でした。

P6251319j

見たい花が見つからずに残念だったけど他の物が見れたから良かったのか悪かったのか・・・などと考えながら帰途につきました。家についたら、携帯に電話していたのに何で出ないのかと凄い形相で聞かれ、え?呼び鈴の音聞こえなかったけど・・・とポケットに手を入れたら・・・無い!、何処にも有りません。
ああ、珍しい花が有るからとしゃがんだ時かも・・それともコケにスケールをあてようとポケットをまさぐった時かも・・やばい!今から行っても暗くなるし、雨が降らないから明日また行って探そう・・
あ~あ、結局は悪い日だったか・・・

 

« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »