2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

これまでのブログ

« ハタケゴケなど | トップページ | トクサ属2種 »

2019年6月28日 (金)

ノミノフスマ?

ポケットには手を入れていないけど、写真を撮るのにしゃがんだりして落ちる可能性が有ったのはもう1ヶ所有りました。少し薄暗い葦などが生えている湿地でした。ハコベなのかツメクサなのか・・・

これって花かい?花弁が緑色だし・・・ふっと思い出した。以前青森県のある沼でやはり同じものを見た記憶が・・・その時は良く見たら中に黒い種子のようなものが見えたので、花ではなく果実が乾燥して開いたものだと知りました。これには種子はなく白っぽい蕊のようなものが見えます。

P6251373j

ツメクサにしては幅があるしハコベにしては狭い。毛は生えていない様だし・・・

P6251363j

細い茎をのばして所々地に着いた節から白い根を出している様でした。

P6251366j

いろいろ探して見たけどそれらしいものは見つけられませんでした。

P6251370j

結論としてはやはりノミノフスマの果実が割れた物のようです。蕊のように見えるのは種子を落ちないようにつなぎとめている紐?なのでしょう。松江の花図鑑の中に似た様な写真が有りました。茎の色など少し違いますが環境によるものでしょう。ここでも携帯は見つかりませんでした。ここは水が有る所で、ここで落ちたなら間違いなくアウトになっているでしょう。後はもう思いつくところは有りませんから、ひたすら同じ経路をたどって歩くのみです。

 

 

 

 

« ハタケゴケなど | トップページ | トクサ属2種 »

コメント

こんにちは!
本当に久しぶりですね。
お元気で、また再開して下さって、ありがとうございます。
コメントも気にして頂いていたのですね。
なかなか、コメントもマメにはできず、ゴメンなさい。
でも、毎日ブログには寄らせていただいてました。

当方も春は仕事が忙しいのは確かです。
仕事も家庭も・・・。


五月以降山登りもいけるようになり、野草も見ています。
最近ではカキノハグサの群生を見たのが印象的ですが、
東北地方にはないのかも?

コケも見ていますが昨日、雨の中浜松では有名な神社に行き、三時間コケばかり
見て来ました。ヒメケビラゴケ、ヤマトケビラゴケが新しい発見でした。
さて、最近コケブームでいろいろとコケの本が出てきたので楽しみが増えました。
けっこう、今までに出ていた単行本は読んでいましたので、新しく出た大石善隆著の
コケはなぜに美しい、をこれから読もうと思います。
この方の図鑑も買いました。

シダの図鑑も買いたいのですが、ヤマブドウさんはお勧めがありますか・?
池畑怜伸著「写真でわかるシダ図鑑」が初心者の私にはいいかな・と思っていますが。

山のモスッ子様
すみません、コメントの催促をしてしまいましたね。
このところ雨空が続きそうだったのでそろそろブログを書き始めようかと。
ブログネタは一杯有ったのですが何故かしら気分が乗りませんで・・・
一旦止まったポンコツ車はなかなかエンジンがかかりませんでした。
後押しを戴いたので何とか進む事が出来そうです。
シダなりコケなり手元にしっかりとした図鑑が有ると良いですね。
と言いながら私の手元には何もありません。殆どはネットだよりです。
それでだめな時は図書館や野草園に行って見ています。
その労力を考えたら買った方が良いのかもしれませんが・・・。
コケに関しては今のところ保育社のものを見ていますが、当県のコケの目録の
物を検索しても載っていないものが結構あります。平凡社のものの方が取り扱って
いる種が多いようですが見た事が無いので(図書館にもない)どの程度なのか分かりません。
ただ保育社のものは写真ではなく絵で説明しているので分かり易いと思います。
併用すれば良いのでしょうけどなかなか手にすることが出来ないでいます。
カキノハグサはこちらでは見ていません。記録も有りません。ヒメハギの仲間とは
思えないですね。ヒナノキンチャクは福島県に行って見て来た事は有ります。
これもヒメハギの仲間とは思えない感じでしたが・・・小さくて可愛い事は同じですけど。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ハタケゴケなど | トップページ | トクサ属2種 »