2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

これまでのブログ

« 雨の日はアリバイが無い | トップページ | エゾノクロウメモドキ »

2019年7月 1日 (月)

ハリスギゴケ

蔵王山の観察会の為の下見を1週間前にしていたのですが、復習の意味でもう一度行って見たいので同行してほしいと言われたので、私自身も色々見たいと思っていたことも有って行って見る事にしました。
天気予報では、しばらく前の週間予報では雨でしたが、雨のマークがとれて曇り程度まで変わって来ました。
家を出るころは曇り空でしたが、山道を登る頃はガスもかかって心配しましたが頂上付近では明るい空になって、そのうち青空さえ見えるようになってきました。

前回来た時に見ていたものです。雨の中だったので大変でした。

P6231053j

雄花盤でスギゴケの仲間だと思いましたが葉の形が気になりました。

P6231056j

今回はまた別の所で見つけました。

P7011485j

今まで見ていたスギゴケの仲間にはいなかったような・・・

P7011483j

雄花盤を付けているのは当然雄株でしょう。付けていないものは雌株なのか、若い株と言うだけの事か?

P7011487j

雄花盤の中央から新芽らしきものが出始めていました。

P7011475j

こうして段々と重なって伸びていくのでしょう。丈は約2cmでした。

P7011479j

葉の先には白っぽい透明尖が有りました。これが針と言う事でついた名前のようです。

P7011477j

初めは葉の先が枯れて中肋が残ったものだと思いました。名前は分からずにいました。

P7011489j

話が前後するのですが、この後に別の山で見つけたコケの葉の先が尖っていたので、それがハリスギゴケだと思って調べたところ違っていて、どこかで見ていた様な・・・と、これを思い出しこれがハリスギゴケだと知りました。初めて見るコケでした。

ハリスギゴケ スギゴケ科 スギゴケ属 県内の数か所で見られているようで、それ程稀有なものではないようです。

 

 

 

 

 

« 雨の日はアリバイが無い | トップページ | エゾノクロウメモドキ »

コメント

こんにちは!

蔵王山でコケの観察ですか?
あの百名山の蔵王ですよね?
2018年のゴールデンウィークに雪の蔵王に登りました。が、
その時はコケ観察の余裕は全くありませんでした。
大型のコケもたくさんありそうな気がします。

さて、コケ図鑑の話しですが・・・。
平凡社の本は浜松では6箇所の図書館が持っていますが、
高額なので一箇所だけ貸し出してくれます。
この本はネット予約して何度か借りました。
保育社の図鑑は近くの図書館で借りられますが、ダメな図書館もあります。
こちらは既に廃版ですよね。

やはり、いくつかを見比べないと同定は厳しいですね。

私は大体、図鑑で決めて、ネットの写真で確認していますが
違う名前をつけている記事も、ありますよね。

シモフリゴケは北海道の羅臼岳で、たくさん見ました。ただ、
アップでは見てなかったです。ハリスギゴケは見た記憶がありません。
いかにも納得の名前ですね。

昨日も4時間、コケ観察に愛知まで行きました。
アメが連日続くので、コケガ開いてきれいなのですが、暑いのと虫が多いので
レンズが曇るし、刺されてかゆいし、でした。

コオイゴケにはまだ、会えませんでした。

また、よらせていただきます。


山のモスッ子様
貸し出してくれるところが有るんですか、羨ましい。
こちらでは持っているところすら分かりません。調べ方が悪かったのかも。
ずいぶん遠くの山まで行ってるんですね。
私は東北の域を出ません。その中のほんの一握りだけです。
もしかして百名山とか・・・。
この季節、山は良いですね。今年は天候不良の日が多い様な気がします。
コオイゴケは少し高い山で1か所、ノコギリコオイゴケは低い所で数か所です。
1度見つければ目が慣れて来てあっちにもこっちにもとなるのでしょうけど。
のんびりと探してください。災害は忘れた頃にやって来る・・ではなく
幸いは忘れたころにやってくる・・ことが多いです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 雨の日はアリバイが無い | トップページ | エゾノクロウメモドキ »