2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

これまでのブログ

« ハリスギゴケ | トップページ | タカネスギゴケ »

2019年7月 2日 (火)

エゾノクロウメモドキ

クロツバラについて調べている内にクロウメモドキとの見分けをどうするかという所に突き当たりました。図鑑を見たり、ネットで他の人の写真を見たりして自分なりのイメージでクロツバラ、クロウメモドキを見分けたつもりでした。ある方から別の所にもクロツバラがあるとの情報を得たので早速行って見ました。クロウメモドキが多くある中に数株のクロツバラがあったと言う事でしたが、残念ながら見つける事が(見分ける事が)できませんでした。葉の形や大きさで見て、どれもクロウメモドキとしか見えませんでしたが、聞いた話では花の付き方で同定したとの事でした。ネットで見た中では葉も実も無く枝ぶりでも見分けがつくと書いてあったので何かそれなりに有るのだろうと思い調べて見る事にしました。県内では多分この2種だけだと思いますが日本海側に有るというエゾノクロウメモドキも含めて調べて見る事にして、取敢えずエゾノクロウメモドキから始める事にして山形の方に行って見ました。チョウセンゴミシの葉の写真を撮る事も目的のひとつでした。

クロツバラの葉を初めて見た時、山形で見た若い葉も似てるなと思っていたけど、実際見てみるとやはりエゾノクロウメモドキの方だと思いました。

Dsc_2514j

これは典型的なエゾノクロウメモドキの葉だと思います。クロウメモドキの葉も、短枝に束生するものはこのような形になるようですがずっと小さめのはずです。

Dsc_2467j

これくらいの大きさや形のものはクロウメモドキにも見られますが小さめの葉が多く混じるはずです。枝の先に鋭い棘が見えます。図鑑によれば3種何れも短枝と長枝が有り、長枝の先には棘が出るのだとか。

Dsc_2480j

枝の先が2方行に分かれています。先のものは本年枝、その元のものは2年枝?でしょう。本年枝の葉は対生で花を(実を)つけていませんでした。付けないのだと思います。(2年枝?)古い枝には所々に葉を数枚束生させ、その基部から花柄(果柄)を出しています。見た目、枝の所々に団子状についているように見えます。

Dsc_2417j

もう少し寄って見ました。葉が出ている部分は枝状になっていないように見えます。真ん中のものも同じ感じです。右側の所のものは写真右斜め上方向に本年枝?を出しているようです。基部に葉や実が付いていますが枝途中には葉だけで実は有りません。

Dsc_2475j

この写真からも同じようなことが感じられます。不思議に思う事が有ります。本年枝とした部分の葉は対生についているのに、実が付いている古い枝ではその様子は全く見られないことです。緑の若い枝の部分を本年枝と表記しましたが実際1年で伸びた物かどうか確認していません。1年や2年でこの状態になるとは思えませんから本年枝とか2年枝とかの表現は適切ではなかったと思います。

Dsc_2509j

幹の様子です。クロウメモドキに似ていると思います。もっと太くなると感じが違ってくると思います。

Dsc_2512j

葉が付いていない細長い枝が有りました。ここだけでした。色が変わっているので枯れてしまったようです。写真真ん中の枝について、枝の先が2つに分かれその間に棘が出るという法則みたいなものが有るのかと思っていたら枝が少し伸びてその先に棘が付いているようです。その下の枝はまっすぐ伸びて対生に枝を出し、片方は短く、片方は少し長く伸びてその先に棘をつけています。それに倣えば上の枝についても納得できる?
枯れている枝の基部はカワが剥がれた状態で黒くなっていました。獣なのか虫なのか病気なのか分かりません。

Dsc_2420j

長枝短枝の定義が今一分かりません。葉や実が束生している下には短い枝のようなものが見えます。

Dsc_2424j

もう少し大きくして見ました。写真下の方のものは短いままですが上の方のものはそこから若い枝が伸びていました。短枝のようでいて長枝・・・そう言えば古い枝に束生していた葉の間に棘がある事も有りました。

Dsc_2426j

当然のことながらこれだけで結論を出せるわけが有りません。が、感じている事は有ります。
葉の1枚2枚を見ただけでは、まして写真では難しいけど、全体を見ればそう難しいことでもなさそう。
取敢えず他の2種も見てからにしましょう。

 

 

 

 

 

« ハリスギゴケ | トップページ | タカネスギゴケ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ハリスギゴケ | トップページ | タカネスギゴケ »