2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

これまでのブログ

« エゾノクロウメモドキ | トップページ | ヒヨクソウ »

2019年7月 3日 (水)

タカネスギゴケ

少し高い山に行って来ました。崖一面に生えていたコケに蒴のようなものが付いていて、その帽子に毛が有り少し丸みも有って面白いものを見つけたと思いました。初めはミノゴケの仲間かキンモウゴケの仲間かと思いましたが葉の形から何方でないようです。帽子に毛が有るコケと言ったら・・・と、思い出しました。そう言えばニワスギゴケの仲間にも毛が有るんだっけ。葉の形もスギと言えば見えなくもない・・・。尖っていて細いのでハリスギゴケかなあ・・・調べたら違いました。そう言えば前に見ていたものがハリスギゴケか・・。と言う事で先日書いたハリスギゴケに偶然にも行きつきました。

丸まるとしていて毛もふさふさ触っても心地よい。

P7031807j

初めて見るものでした。

P7031815j

このような感じで崖の側面が覆われていました。

P7031813j

葉の先が尖って触ると痛いような・・・この時はスギゴケが頭に浮かびませんでした。

P7031809j

蒴柄が上に曲がるのも特徴のようです。側面に生えているからそうなるのは当たり前のようですが・・

P7031818j

確実性を増したのは偶然にも有った古い蒴です。蒴歯が32個有るのだそうで・・間違いないでしょう。

P7031811j

県内でも何ヶ所かあるようで、それほど珍しいものでもないようですが、私にとっては大発見でした。

 

 

 

 

 

 

 

« エゾノクロウメモドキ | トップページ | ヒヨクソウ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« エゾノクロウメモドキ | トップページ | ヒヨクソウ »