2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

これまでのブログ

« スミレ追加1題 | トップページ | アリとアブラムシとゴイシジミ »

2019年8月20日 (火)

フジウツギ

ヤマホロシを見に行った時に傍に咲いていたものです。去年は咲いていなかったのか気付かずにいました。ちょっとしたタイミングで見つけられたり見つけられなかったり、運も有るんですね。うん・・・。

何年か前に市内の山の道脇に一杯咲いていたのを見つけてフジウツギではなくフサフジウツギだとかブッドレアだとか言ったことが有りましたが、実際の所フジウツギを見て知っていた訳ではなかったので余り自信はありませんでした。

Dsc_3030j

見た感じやはりフサフジウツギに比べたら質素?です。筒部分が白いからでしょうか、あまり華やかさは有りません。

Dsc_3033j

同じ写真?と言われそうですがカメラが違います。此方だともっと白っぽく見えるようです。

P8064185j

フジウツギの花冠の筒部には星状綿毛が密生、フサフジウツギには微毛がある程度で白っぽくは見えないようです。

P8064184j

花はこの一株だけのようですが数株有りそうなので来年はもっと咲いているかもしれません。

Dsc_3035j

何でも無い事のように見つけられていますが、ここにこうして来ているのは天候とか周りの事情とか、色んなものの条件がそろったため・・うちの山の神さまのお陰も有るのかも・・運なんですかね。でもその反面、他の時期に他の物が咲いていて見逃していることになっているのかも・・裏返せば不運なのかも・・・

 

 

 

 

 

 

 

« スミレ追加1題 | トップページ | アリとアブラムシとゴイシジミ »

コメント

こんにちは!
暑さのピークはすぎたと報道されましたが、まだまだ
暑いです。

フジウツギはけっこう見る植物です。
山梨の南アルプスへ登る際に、河原にどっさり生えていたり
します。きれいですが、確か毒を持っていますよね。

さて、先日台風の影響をさけて、茨城県と栃木県に行きました。
目的は、茨城自然博物館と那須岳登山でした。
本当は早池峰辺りを考えていましたが、日数が足りず関東にしました。

この博物館に小さいですがコケの標本コーナーがあります。それと粘菌の
発生から胞子散布までが、映像で見れるという私にとっては、楽しさ満杯の
面白い場所でした。
当日は大混雑で、説明の声も聞けないほどでしたが、再訪問したい場所です。

那須岳は天気良く、展望もきいて100名山だし、またひとつ行けた!という感じです。
花が少なく、がっかりでした。
ただ、主人のTG1で、シモフリゴケとエビゴケ、モウセンゴケを写してみたら結構
きれいに撮れたので、山の木さんお勧めのTG5にかなりひかれていましたが
しばらくこれでやってみようと思います。いつもはキャノンを使っていて、買ってから
まだ2年ですので、たかいTG5は買えずにいます。

お聞きしたいことがあります。
イブキボウフウ、ミヤマウイキョウ、○○ニンジンなど、セリ科の区別は本当に苦手です。
どこを見るのが見分ける基準になりますか

山のモスッ子様
随分活動範囲が広いですね。
私は東北の山から出た事は無いしほんの一部だけしか行っていません。
3000m級の山は憧れですけどまあ無理でしょう。
セリ科の植物についてですが(だけに限りませんが)私も負けず劣らず
大の苦手です。セリ科の仲間ですとか言って逃げる事が多いです。
ネットで他の人の同定したものを見ながら同じだとか似ているとか・・。
その植物にしかない特徴などがある時は簡単に?見分けられたりすることも。
やはり一つづつ憶えていくしかないのだと思いますが憶えた先から
忘れていくのですからさっぱり効果なしですが。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« スミレ追加1題 | トップページ | アリとアブラムシとゴイシジミ »