2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

これまでのブログ

« ハグロソウ | トップページ | スミレ2題その2 »

2019年8月17日 (土)

スミレ2題その1

先日久しぶりにスミレの先生から電話があって、珍しいものがあるからとのことで同行させてもらいました。
この時期にスミレの話かい?と普通の人なら思う所でしょうけど、花が終われば種、閉鎖花と種、秋になれば・・冬でも花が咲くものも有って(毎年同じ様に咲くのだそうです)春だけのものでは無いのだそうです。

先ずはフモトスミレの場所から・・私の知っている場所とはまた違った場所でした。探して見ると結構あちこちに見つかりました。花が咲かないと分からないと言うものでも無かったようで・・むしろ花は小さいので花を頼りに探すと見つけにくいのかも知れません。葉の中央に少し白い筋が見えます。そして薄っすらと白い筋も見えます。これが斑なのかどうかで次の種名が変わって来ます。

P8114334j

ミツモリスミレ(フイリフモトスミレ×マキノスミレ)の葉だそうです。此方もはっきりとした斑の状態ではありません。フモトスミレ×マキノスミレ=ミドリミツモリスミレなのだそうで・・教えて頂いた通りミツモリスミレで良いのかも。

P8114341j

葉の裏は薄っすらとですが紫色をしています。

P8114347j

葉の長さは葉柄も含めて20cm(葉身10cm)でした。ただこれは花が終わった後の状態で、花の時期にはもっと小さいのかもしれません。

P8114346j

近くに有ったマキノスミレです。葉の長さはは14cm(葉身5cm)でした。

P8114350j

葉の裏は緑色です。花の時期には紫だったのかもしれません。

P8114351j

スミレに関しては大体のものが見れていたなあと思っていましたが、こうした交雑種を含めるとまだまだ奥が深いようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

« ハグロソウ | トップページ | スミレ2題その2 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ハグロソウ | トップページ | スミレ2題その2 »