2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

これまでのブログ

« カサゴケモドキ | トップページ | セイタカチョウチンゴケ? »

2019年8月31日 (土)

いまさらホウオウゴケ

7月初めごろに花を探して入った奥深い山の中、雨の為ばかりではないと思うけど湿った山道を登っている時に目にしました。大きめのホウオウゴケの仲間、どうせまたトサカホウオウゴケだろうと見送ろうと思いましたが、一応写真を撮っておこうと思いました。市内の山では少し大きめだからと思って見ても何時もトサカホウオウゴケしか見られませんでした。帰って来て写真を見てホウオウゴケ?と思いました。

何時も見ているものより少し大きめかなと思う程度でした。

P7092207j

あら!スケールをあてていない。そのつもりでいた様なのに・・・スケールを忘れて行ったかな?

P7092211j

中肋が強い・・これが最大のポイントかな?

P7092209j

取敢えずこちらで見られるホウオウゴケの大きなものは、ホウオウゴケ、トサカホウオウゴケ、ナガサキホウオウゴケの3種のみ。トサカホウオウゴケは何時も見ているからなんとか・・ナガサキホウオウゴケの中肋も強くて葉頂に達するので似ているようですが葉のつき方が疎らなのだそうでこれではない。

P7092215j

と言う事でホウオウゴケだと言う事にしました。他にも色々説明が書いて有りましたが取敢えず見分けるだけの説明を拾い上げてみました。消去法では簡単だけど落とし穴もあるのであまり良くない事ですが取敢えず今回は甘んじて見る事にしました。次は長崎で会いたいものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

« カサゴケモドキ | トップページ | セイタカチョウチンゴケ? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« カサゴケモドキ | トップページ | セイタカチョウチンゴケ? »