2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

これまでのブログ

« カラクサシダとウチワゴケ | トップページ | ドクガの毒牙にかかったか・・ »

2019年11月21日 (木)

クマノチョウジゴケ

県南部の山のコケ達はまだまだ続くのですが取敢えず小休止。市内の森林公園で見た物です。絶滅危惧種になっている相当珍しいコケですが見分けは簡単でと言うより見ただけで分かります。

偶然とは恐ろしいもの?で難なく見つけてしまいました。探しても見つかるものでもないし・・と初めから探していませんでしたが、こんなことって有るんですねえ。あ、スケールを当てるのを忘れていました。1cm歩かないか程度です。

Pb210785j

深山の朽木上に稀に生じる。ウチワチョウジゴケに比べて小形(ウチワチョウジゴケの胞子体は全高10~15mm)蒴は円筒形で側部に稜が無い。蒴柄は長さ2.5~3.5mm。蒴は長さ3~5mm、頚部は不明瞭。北海道、本州 北の方に多い

Pb210793j

10本ほど出ていました。なかなか可愛い。

Pb210787j

どんぐりの背比べ・・・・みたいな・・・ここには6本有りました。小さな1個見つけられるかな。

Pb210795j

まだまだツキが残っているかなあ・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

« カラクサシダとウチワゴケ | トップページ | ドクガの毒牙にかかったか・・ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« カラクサシダとウチワゴケ | トップページ | ドクガの毒牙にかかったか・・ »