2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

これまでのブログ

« ヨツバゴケ | トップページ | カラクサシダとウチワゴケ »

2019年11月19日 (火)

タマゴバムチゴケ

県南部の山シリーズまだまだ続きます。あちこちに有る大きな岩の横を見ると色んなコケたちが生えていますがこれは朽ち木の上だったかな。

何だこれは・・・随分ボロボロだけど・・

Pb125090j

何処を見てもこんな感じです。

Pb125104j

最初からこんな感じのものなのか・・・葉の感じからするとムチゴケに似ているけど鞭らしいものも見えないけど・・・ハネゴケの方か?良く見ると茎の下の方に腹葉らしきものが見えます。葉の先端に歯牙が3個見えました・・時期的にもう鞭の形をしているものはないのかも・・・

Pb125094j

葉が取れやすいコケが有るとどこかで見た様な・・・。調べたらタマゴバムチゴケと言うものらしい。
亜高山帯の樹幹の基部、倒木などにゆるいマットをつくる。茎は2叉状に分岐する。鞭枝は少なく短い。葉は接在~離在、茎から非常に脱落しやすく卵形、先端に2~3個の歯牙があり歯牙は小さい。
何とか1個だけ鞭らしきものを見つけました。

Pb230922j

腹葉は離在~接在、幅は茎の2~3倍。茎に横につき、

Pb230924j

斜めに開出し、扁平、やや横に長く、縁に鈍歯がある。

Pb230928j

これも初めて見るものでした。ここには結構あって何処にでもあるような感じがしますが・・有る所には有るだけの事なのかもしれません。分布は北海道、本州のようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

« ヨツバゴケ | トップページ | カラクサシダとウチワゴケ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ヨツバゴケ | トップページ | カラクサシダとウチワゴケ »