2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

これまでのブログ

« コフサゴケ | トップページ | オオクラマゴケモドキ »

2019年12月11日 (水)

シッポゴケ?

県南部の山で採取してきたコケの中に、チシマカモジゴケと書いてあるものが有りました。チシマシッポゴケは以前早池峰山で見ていたものがそうだと思っていましたが、カモジゴケにもチシマがあったのかと思い、帰って来てから調べて見ました。図鑑でもネットでも見つける事が出来ませんでした。チシマシッポゴケかカモジゴケと言われたのを聞き間違ったのかもしれません。

採取してきたものは日にちが経って乾燥してきていました。カモジゴケ、シッポゴケについては仮根を見れば分かるとの事で、後の写真のように濡らしたものをみて茶色だからカモジゴケだと思いましたが、そのことに気づき乾燥したものを見たら白っぽいものだったのでシッポゴケの方だと思いました。

Pc092099j

茎の長さが約5cm。「蒴柄が褐色~黄色、長さ約2.5cm時に3cmに達し、通常1茎から1~5本出る」と有ったので、これは2本出ているのでチシマに違いないと思ったのですが・・「口環はない」との事で後の写真で出て来ますが立派にあるようです。

Pc092101j

蒴が直立しているのかどうかは何とも言えない状態で・・まだ帽を付けた物も有りましたし

Pc092141j

帽が取れているのも有りました。

Pc092129j

蒴歯が壊れた状態で良く分かりません。

Pc092135j

これを分枝したものとすれば1茎から3本の蒴柄が出ていると解釈できるし、分岐した茎と見れば1茎に1本と言う事になるし・・・多分後者と考えるんだろうなあ・・・

Pc092145j

葉の先が折れているのも有るが目立つほどでもない。長さが約5mmのものから10mmのものまであります。「葉は湿ると茎から直角に近い角度で開出し、乾いてもあまり変わらない」「蒴柄は単生、黄色~赤褐色、長さ5~6cm」シッポゴケには合っている様な気もするけど、「葉は長さ10~11mmときに15mm、茎は長さ12cmに達する」には合っていないような・・・

Pc092117j

「葉の上半の葉縁に鋭い歯がある」シッポゴケは合っているようです。

Pc092161j

現場で撮った写真がどれだったのか・・・それらしいものが3枚有りました。何れもそれぞれ別の場所で撮ったもののようです。これは蒴の姿が見えないもの。

Pb240950j

若い蒴が出始めているところのもの。若い芽が真直ぐ上に伸びている姿は他の物とは違う様で、別の種かもしれません。

Pb241019j

これは完熟した?所のもの。逆様に撮ったようですが、横に生えているものを上から撮ったので、ちょっと見にくいいですが・・・

Pb241017j

結局のところただのシッポゴケなのかもしれません。姿形だけで決めるには無理があるようです。チシマシッポゴケでないのは確実でしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

« コフサゴケ | トップページ | オオクラマゴケモドキ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« コフサゴケ | トップページ | オオクラマゴケモドキ »