2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

これまでのブログ

« ヒメハネゴケ? | トップページ | ダイセツヤノネゴケ »

2019年12月 3日 (火)

ニスビキカヤゴケ?

雨の日のコケ探索続きます。何処かで見ていた様なコケでした。生えている感じからニスビキカヤゴケではなくシダレヤスデゴケの方だと思いましたがニスビキカヤゴケだと言われました。かじると辛いからと言われましたが・・・ヤナギタデの時もかじると辛いと言われてもかじる事が出来なくて、泣く泣く切れ端をなめて試したことが有りましたが(ちょっと大げさかな)・・・今回はそれもせず素直に受け入れました。調べたらこれで3回目のようですがまた書いて見ました。ほとんど進展が有りませんが。

雨に濡れてピカピカに輝いていました。以前見た時はからからに乾いて黒光りしていた様な・・黒光りすることを称してニスビキと言っていると勘違いしていました。透明なニスを塗って光らせる事だったとは・・

Pb240995j

長さは約3cm。分枝はこれが多いのか少ないのか分かりません。不規則ではあります。

Pb281141j

葉は灰緑色でウルシ様の光沢がある。背片は密に重なり長楕円形

Pb281167j

葉先は強く内曲

Pb281163j

円頭で数歯が有る。

 Pb281145j

 

Pb281155j

腹片は舌形で長歯をめぐらし、先端は外曲し外縁の基部はやや耳状、内縁基部は流下する。キールは殆どない。(解体して見ないと確認できないようです)

Pb281145jj

腹葉は茎の幅の約2倍、卵形、先端は外曲し歯は少なく基部はやや耳状になり、長歯が多い。

Pb281173j

少し乾燥したところですが、見えているのが腹葉だと思うのですが茎の3倍はあるようです。卵形、広卵形と言うよりほとんど円形に見えます。歯は疎では無いけど密でもなく均等に生えているように見えます。

Pb281171j

ニスビキカヤゴケによく似たものでケクラマゴケモドキと言うのも有るようです。より高地に産し、北日本と日本海側に多く、腹葉は円い舌形で上部と下部ははほぼ同じ幅で、縁歯は多く、密で、下部よりむしろ上部に多い。北海道~本州 もしかしたらこちらの方では?と思ったりして・・・

以前ニスビキカヤゴケとしていたものははっきりと腹片が見えていたのに今回は腹片を探すのが大変でした。湿り具合で違うのだろうと思っていましたが、以前のものは葉の縁の歯の様子が良く見れていなかったのでその辺も見直す必要があると思えてきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

« ヒメハネゴケ? | トップページ | ダイセツヤノネゴケ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ヒメハネゴケ? | トップページ | ダイセツヤノネゴケ »