2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

これまでのブログ

« ギンゴケ | トップページ | マエバラヤバネゴケ? »

2020年1月30日 (木)

オオヒシャクゴケ?

去年の8月13日に市内の山に登った時に見たコケの写真を見直していたら気になったものが有りました。ヒシャクゴケの仲間の様で黄緑色っぽいのでキヒシャクゴケではないかと・・・単純ですねえ。

どういう所に生えていたのか記憶に無いのです。この時はコケ見に行った訳では無かったので採取もして来ていませんでした。

P8134365j

キヒシャクゴケの説明を見ると少し違うように思いました。

P8134367j

腹片も背片も歯で縁どられ鋭頭なのである程度絞り込めます。

P8134371j

キールの長さや腹片、背片の長さの比率、キール部分が湾入しているなどからオオヒシャクゴケだと思いました。(この写真の右下のコケをオタルヤバネゴケかその仲間だろうと思っていましたが・・明日に続く)

P8134375j

写真の撮り方に寄っても・・・図鑑の画は根元側の方から見上げるような感じなので・・イメージが違うようです。

P8134377j

下の2枚は少し違うような気がしましたが一緒に取り上げてみました。

P8134413j

この方向からだと図鑑の画と比較しようが有りません。

P8134359j

オオヒシャクゴケ ヒシャクゴケ科 ヒシャクゴケ属 本州~九州

「やや高い山地から亜高山帯の岩上、腐植土上などに群生する。緑褐色~黄褐色。茎は長さ4cmになる。葉葉は接在し、茎の下より上までほぼ同大、葉面は茎を含む面に対しほぼ直角に開く。背片は卵形、腹片の2/3長、鋭頭、歯で縁どられ、基部は長く茎に流下する。腹片は卵形、鈍~鋭頭、歯で縁どられ、基部は長く茎に流下する。キールは腹片の1/3長、少し湾入し、翼はない。後略。」(原色日本蘚苔類図鑑より」

一応県内でも記録が有りますが、この山ではまだ見られていないようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

« ギンゴケ | トップページ | マエバラヤバネゴケ? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ギンゴケ | トップページ | マエバラヤバネゴケ? »