2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

これまでのブログ

« 今年見た花たち10種 | トップページ | タカネミゾゴケ? »

2020年1月 1日 (水)

フォウリィイチョウゴケ?改めオヤコゴケ?

明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。
去年の末頃から山に行くことも無く家の中でコケの写真とにらめっこです。去年はコケに始まりコケに終わりました(途中は抜けていますけど)。今年もまたコケで始まります。

テガタゴケの傍に有ったものがモミジゴケに感じが似ているのではと思い調べている内に、そう言えば他でも似た様なものを見たなと思い出しました。この写真が出て来ました。

P7263273j

調べている内にネットで似た様なものを見ました。オヤコゴケと言うものに似ている・・・葉先に無性芽も付けているし・・・。県内の記録を調べて見たら有りませんでした。説明をよく読んでみるとオヤコゴケにはキールに翼が有ると書いていました。キールって何処?翼って何処?見つけられませんでした。

P7263275j

どうやらフォウリィイチョウゴケと言うものらしい。図鑑ではフォウリィイチョウウロコゴケと書かれていましたが他を見るとウロコは付いていませんでした。

P7263295j

枝分かれしたところを見て葉の裂片が多いように感じて勘違いしてしまったようです。

こんな調子ですが今年もよろしくお願いいたします。

*2020.01.27訂正
フォーリーイチョウゴケらしきものを新たに見つけたので、こちらはオヤコゴケではないかと思います。県内ではまだ見られていないので確認が必要です。

オヤコゴケ イチョウゴケ科 タカネイチョウゴケ属 北海道~九州
「やや高い山地の朽木上、岩上など小さいマットをつくる。緑色で柔らかい。茎は這い、長さ1cmになり、二又状に分枝する。葉は離在、またはわずかに重なり、茎に横につき、斜めに開出し、不同に2裂し、背側の裂片は小さく、不定形、0~2個の側歯があり、先は尖り、腹側の裂片は舌形で、先は尖り、0~数歯がある。キールは長く、広い翼がある。中略。腹葉はない。無性芽は葉先に付く。」(保育社原色日本蘚苔類図鑑より)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

« 今年見た花たち10種 | トップページ | タカネミゾゴケ? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 今年見た花たち10種 | トップページ | タカネミゾゴケ? »