2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

これまでのブログ

« ネジクチゴケ | トップページ | ウロコゼニゴケ?と? »

2020年1月 4日 (土)

ナガサキツノゴケ

ナガサキツノゴケと思われるものを去年の10月初めごろに沼の周りの湿地で見ていましたが、確信がつかめずにいました。野草園で見た物をニワツノゴケだと決める事によって、別のものだからこちらがナガサキツノゴケだと判断できました。そう思うと葉状体の背面になんとなく隆起が多いとか、蒴の先端の色に違いがあるとか見えるようになってきました。此方に有るツノゴケ類は今のところあまり数が無いので1つ特定できるだけで判別が楽になります。(消去法だと新種発見には繋がらなくなりますが・・・)

図鑑によると「庭先や畑の土上などに点々とロゼットを作る。黄緑色。ロゼットは径1cmぐらい、不規則に切れ込み、広がって波打ち、背面に褶状の隆起があり、内部には大小の空所が有り、所々に藍藻のコロニーが有る。雌雄異株、包膜は円筒形。胞子体は円柱状、長さ1~2cm。胞子は黒色。中、後略。」

Pa021891j

径は1cmを少し超えるぐらい。葉状体の背面には隆起が多い。所々に濃い緑色の丸いものが見えます。藍藻のコロニーなのでしょう。

Pa021893j

近くにツノゴケモドキも有って葉状体だけだと見分けは難しいかもしれません。ただ胞子体がどちらも出ていない時期が有るのかどうかも分かりませんが。

Pa102641j

胞子体が完熟していない様で、先端が裂けず、胞子の色も確認できませんが、別の図鑑によると「ニワツノゴケは黄色~褐色になる。ナガサキツノゴケは黒色~褐色になる」とのことです。ここのものに関しては、最初上半分ぐらいが白っぽくなってから黒っぽくなってきている感じに見えました。

Pa102635j

参考としてツノゴケモドキも載せてみました。数種類あるようですがこちらではこの1種だと思います。

Pa102643j

あと残るはアナナシツノゴケとミヤケツノゴケだと思います。アナナシツノゴケは静岡県以南となっていますが本県では絶滅危惧種として記録が有ります。何時か見つからないかなあと期待して・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

« ネジクチゴケ | トップページ | ウロコゼニゴケ?と? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ネジクチゴケ | トップページ | ウロコゼニゴケ?と? »