2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

これまでのブログ

« ウラベニジャゴケ? | トップページ | カラヤスデゴケ »

2020年4月25日 (土)

フルノコゴケ?

3月16日にミドリザゼンソウを見に行った時に見たコケです。桜の樹幹についていた小さなコケで、ネットで見て会って見たいと思っていたものです。絶対無理だと思っていましたがこんなに早く見つかるとは思ってもみませんでした。

見た瞬間にフルノコゴケだと思いました。実際は図鑑ではこの形ではなく、緑色の葉を広げたこれとは全然違う形で載っています。ある方のブログにはこの渇いたときの写真が載っていたので、フルノコゴケはこういうものだと記憶していました。それがなければこうして巡り合うことも無かったでしょう。

P3164699jj

その写真のものは緑色をしていたのでこれは違うのかなと思いましたが緑色したところも有ったのでやはり良いのかと思いました。

P3164735jj

よくまあこんな小さなものを見つけるものだと感心しましたが、それよりもまた小さなコケが傍にいました。コクサリゴケかその仲間だと思いますがまだ調べていません。

P3164707jj

最初の写真のように連なっているのもあるので茎の長さが幾らとか表現ができるのか分かりません。茎の幅は葉を含めて乾燥している時は0.5mm以下のようです。

P3205189jj

仮根とか無いのか割ときれいに剥がれましたが葉が腹側に寄っていて腹側は余り良く見えません。腹葉と腹片が一部見えているようです。

P3205193jj

少し湿らせてみました。腹側を撮りたいと思っても茎も反ってすぐに横を向いてしまいます。湿らせた状態では葉を含めた茎の幅は0.7mm程度です。

P3205199jj

葉は剥して見ていないので(技術的に剥せない)分かりませんが卵形なのだそうです。

P3205239jj

湿ると葉面は茎を含む面に対してほぼ直角に開く。

P3205237jj

雌花は頂生するのだそうですがまだ見られないようです。何処までが苞葉なのか分かり難い写真です。

P3205223jj

何とか腹片と腹葉が見えるものが有りました。腹葉は円形で全縁、円頭、茎径の3~4倍。腹片は背片の1/3~1/2長、半円形、縁の上半部に1~2細胞の歯が3~5個有る。

P3205195jj

桜の樹幹の表面はがさがさしていてコケなどが引っかかり易いのか、肉眼では見えない様な小さなコケが一杯見られました。小さすぎて私には料理が出来ません。何か方法は無いものか・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

« ウラベニジャゴケ? | トップページ | カラヤスデゴケ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ウラベニジャゴケ? | トップページ | カラヤスデゴケ »