« 早春の花たち | トップページ | コハネゴケ »

2020年4月 8日 (水)

早春の花たち2

ニオイタチボスミレの様なスミレの確認をしに再度同じ山に行って写真を撮って来ました。花茎に毛が有るものと無いものとあってますます分からなくなってしまいました。葉の表面にビロードのように短い毛が有ると思えたのは葉の表面に凹凸があり光が反射してそう見えた様で、毛ではありませんでした。その時に見た花たちです。

イブキスミレが咲いていました。ここには一杯咲いていました。去年までは見つけられなかったのですが、一回見つけると次々と目につくものです。

Dscf1803j

タチツボスミレも群生していると思わずおお!と思ってしまいます。

Dscf1814j

ツクバキンモンソウもなかなか良い花です。

Dscf1822j

ナガハシスミレが尾をぴんと上げて、ハッチョウトンボのようです。

Dscf1828j

おや、こんな所でコイワウチワが・・・。この山では初めてでした。新発見でした。

Dscf1831j

クロモジの花が・・この花を見つけると嬉しくなってしまいます。

Dscf1844j

フイリヒナスミレが・・葉は沢山有りましたが殆ど咲いていないようなので今年は咲かないのかと思ったら、もう果実になっているのも有って、殆どもう終わっていたようです。

Dscf1854j

ヒトリシズカがこの状態?他の物と比べたら遅すぎない?

Dscf1857j

かと思えばタチガシワがもう花芽をつけていました。

Dscf1859j

フデリンドウも咲き出しました。先日は未だ蕾だったのに・・

Dscf1823j

世の中コロナで大騒ぎですが花たちはそんなことはお構いなしで通り過ぎていきます。まあ、来年も再来年もあるさと言えばそれまでですが・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

« 早春の花たち | トップページ | コハネゴケ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 早春の花たち | トップページ | コハネゴケ »