2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

これまでのブログ

« ハチヂレゴケ? | トップページ | フルノコゴケ? »

2020年4月24日 (金)

ウラベニジャゴケ?

3月29日に市外の山で見ていたものですが、ウラベニジャゴケと言われるものだと思います。調べたら以前にも1度採り上げた事があったようですが、それとはまた別の事で書いてみたいと思います。現在はジャゴケ属はジャゴケとヒメジャゴケの2種ですが、そのジャゴケをまた3種に分ける考えも有るのだとか・・その日のために・・でも無いけど。

ジャゴケらしい葉状体の先に新芽らしきものが付いていて、又その先に紫色のものが見えました。

P3280109j

花でも咲いているのかと思いました。当然のことながら花ではないようです。蒴でも無いし・・・

P3280111j

裏側を見てみました。どうやら腹鱗片と言うものらしい。

P3280113j

ジャゴケの説明には合っていない様な・・多分少し透明な部分と紫色に少しなった円い部分までが腹鱗片でその先についている小さい紫色のものが附属物ではないかと思います。仮根の両側に2列に・・となっていますが、この段階では新芽の方には仮根は見られませんでした。親の葉状体の裏側は全面紫色でした。

P3280115j

この写真から感じたのは、下になっているのが腹鱗片であり(結局全てが透明)、その上にかぶさるようになっているのが(紫色の部分)附属物なのかと。

P3280127j

これから全部を推し量ることは出来ませんが、普通見ているものは2叉に分かれて結構伸びているものだと思いますが(今度はオオジャゴケとの区別が難しいのですが)殆ど大きくならず、2叉にもならず葉状体の先から新芽を出しながら伸びているような感じです。これは裏を見ようとして途中で折れてしまったものですが3世代分繋がっているようです。

P3280119j

基礎となるものが枯れて見えなくなったのか胞子からの芽なのか小さな芽があちこちに出ていました。

P3280117j

ネット上でそれぞれ説明がされているようですが確実なところは分かりません。取敢えず普通見るジャゴケとは少し違うような・・・と言う事で採り上げてみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

« ハチヂレゴケ? | トップページ | フルノコゴケ? »

コメント

こんにちは!

コロナ風が吹き荒れて、浜松は4人ほどの感染者しか、出ていませんが
いろんな規制が始まりました。
ついに、いつものコケ観察の公園がトイレ、駐車場の使用禁止になり、実質
立ち入るな!という指導です。

東京のように緊密になることもなく、話しもせずに観察していたのに、残念です。
が、娘が看護師なので早く終息させなくては!の方針も十分理解できます。

さて、緊急事態宣言の前に行った公園で、カヤラン、ヨウラクラン、ヒメスミレと初の出会いができました。ラン2種は、人におしえてもらい、花の時期を待っていました。
小さな個体なので、なかなか出会えない経験でした。

コケは1200m位の標高の高原へいきましたが ,樹幹にビッシリのコケをつけた
木がいっぱいでした。クラマゴケモドキ、オオクラマゴケモドキの区別がつかず、
チジミカヤゴケにも見えてしまい、悩ましいです。
ミヤマリュウビゴケ、チャボスズゴケらしきものも有りました。
何しろ大型ごけがいっぱいでしたが、そこにもしばらくいけないようです。

仕方なく、近くで鳥観察。初心者なので、ようやく、オオバン、カワウ、カルガモ
イヌヒヨドリがわかるようになりました。
まずは近況まで。

山のモスッ子様
カヤラン、ヨウラクラン、もう咲いたんですね。
カヤランは植物園で一杯咲くんですけど今年はダメです。
山の場所も数か所知っていますが毎年見なくては、と言う訳でも無いので
今年は見送りでしょう。ヨウラクランは福島県でしか見ていないので
やはり無理です。イヌヒヨドリにはびっくりです。鳥にもイヌがいたっけ?
ネットで調べても出て来ないし・・悩みましたよ。多分イソヒヨドリでしょう。
鳥の名前を覚えたり見分けるのも難しいしまた楽しい。
庭の植木たちも私の被害に遭っています。この際だからということで
上に伸びていく太い幹の紅葉をバッサリ・・邪魔だからとヒサカキを根元から
バッサリ・・四方八方我が物顔で伸びるバラも・・後は何にしようかな。

申しわけありません。イヌヒヨドリはイソヒヨドリの入力ミス
でした。

もともとは、海の近くにいたらしいですが、最近住宅地に
進出しているようだと友人が教えてくれました。

山のモスッ子様
イソヒヨドリは海に行くと岩場の所でよく見かけます。
慣れてくれば鳴き声などで存在場所が分かります。
仙台市も一応海が有るので市内の川の橋近くで見られているようですが
私はまだ見た事が有りません。雄雌の見分けも聞きましたか?
他の鳥たちも雄雌の違いがあるのでそれを憶えるのも大変です。
それもまた暫くお預けですね。近くまで来てくれればいいのですけど。
カワラヒワは近くの電線にいて毎朝綺麗な声で鳴いています。
目覚まし時計のようなものです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ハチヂレゴケ? | トップページ | フルノコゴケ? »