2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

これまでのブログ

« ケイタドリ | トップページ | ミクリ »

2020年7月11日 (土)

アイイタドリ?

ケイタドリを知って、5月の中頃に渓流の脇に有ったオオイタドリと思っていたものが気になり、写真を見直して見ました。

イタドリとの見分けは当然大きさですが、この時点ではまだ草丈は低くそれでは無理でした。

P5152314j

ただ葉が大きく見えたので測ってみました。葉身は長さ18cmありました。

P5152315j

幅は17cmでした。ほとんど円形に近いようです。と言いながらじつはイタドリのデータがありませんでした。もっと簡単な見分け方が有りました。葉の基部がイタドリは切形、オオイタドリは心形(ハート形)でした。でもそのことは後で知ったことで・・

P5152317j

他にも違いがあるはずと見ていました。葉の表面に毛が有りました。

P5152322j

葉の裏にも毛が有りました。

P5152320j

葉柄にも茎の筋状に隆起した部分(稜)にも毛が見られました。この時はそれがオオイタドリなのだと思っていました。

P5152324j

ケイタドリの存在を知り色々調べている内にケイタドリとオオイタドリの交雑種にアイイタドリがあることを知りました。エゾイタドリとかウラゲオオイタドリとかの別名があるようです。ただその他の情報が分かりません。葉の両面に毛が有る事、葉の基部が心形であることなどはオオイタドリと同じです。少し違うと感じるのは葉の形が円っこい事と表の葉脈が凹んでいることです。そしてオオイタドリの葉の裏が白い、粉白色であるというのとの比較です。表面に比べると確かに白っぽく見えますが粉白色ではありません。これはまだ若い時のもので大きくなれば変わるのかもしれません。一応県内でも確認されている様なので調べて見る必要があるようです。普段見ていたオオイタドリですが細かい所まで見ていませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

« ケイタドリ | トップページ | ミクリ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ケイタドリ | トップページ | ミクリ »