2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

これまでのブログ

« ムラサキウマゴヤシ | トップページ | タチオランダゲンゲ »

2020年7月 4日 (土)

シナガワハギ2種

シナガワハギ(コシナガワハギ)に出会ったのは東日本大震災の後だったので、何処からか流れ着いたものだと思います。市内の海岸近くの荒地に生えていました。その後しばらくは堤防工事などで海岸近くには近寄れず、どうなっているのか分かりませんでしたが、大分あちこちでも見かけるようになってきました。

最初見た時のものは1mにも満たないものでしたが、ここのものは2mを越すぐらいの大きさでした。コシナガワハギと言うのもあるようでその違いかと思いましたが、多分時期的な違いなのでしょう。

P6215123j  

シナガワハギとコシナガワハギの違いは小花の大きさの違いのようですが、連続的なこともあり分けないとする向きもあるようです。

P6215126j

シロバナシナガワハギですが最初見たものはやはり海岸に向かう車道脇でした。こちらも2mを越すぐらいの大きさでした。

P6215127j

最初見たシナガワハギとシロバナシナガワハギと関連付けて考えていませんでした。見た時期が違っていて大きさに大分違いがあったからでしょう。名前からして同属と考えるのが普通なのに・・不思議です。(自分の事ながら)

P6215128j

今はどちらもあちこちで増えているようです。今の所海岸近くでしか見ていないので海岸性のものかと思いましたが、海から流れ着いたもので今の所海岸近くで広がっているだけなのだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

« ムラサキウマゴヤシ | トップページ | タチオランダゲンゲ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ムラサキウマゴヤシ | トップページ | タチオランダゲンゲ »