2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

これまでのブログ

動物

2017年11月 4日 (土)

また会っちゃった

山の道脇でツリブネソウの写真を撮ろうとしたらホシホウジャクがいた。

Dsc_0084j

何年か前まではとんと気付かずにいたのに急に目につくようになってしまいました。

Dsc_0087j

最初見つけた時はハチドリかも知れないと真剣に思ったものでした。蛾だと知って蛾っかり・・・

Dsc_0098j

キツリフネにも・・・・こんな吸い方をされたんじゃ受粉には役立たない。とんだ蜜泥棒です。

Dsc_0139j

花を選ばずですね。

Dsc_2570j

ここにはオオスカシバの姿は見えず、独壇場。とにかく忙しい。止まって吸う訳では無いのでチョコマカチョコマカピント合わせも楽じゃない。

Dsc_2586j

マダラガ科のミノウスバと言うもののオスらしい。ミノは蓑、ウスバは翅が透き通っているから・・・と自分なりの勝手な解釈。蛾の魅力は何と言ってもこの触覚、オスだけだけど。

Dscf0887j

オスは威嚇のために黒い尾っぽを立てるのだそうです。

Dscf0890j

ホシホウジャクもオオスカシバも止まっている所を見た事が有りません。止まると黄色の部分が隠れてしまうので全然目立たない様で、それで目につく機会が無いのだと思います。飛んでいる時に目を着けて止まったら・・・と目で追いかけるのだけど止まってくれません。まあ、その内・・・でしょう。
*****************************************************************
追記です
ホシホウジャクの記事を載せてからまだ残っていることに気づきこれも加えようと写真を見ていたところ変なことに気づきました。
ホシホウジャクは花などに触らずに飛んでいる状態で蜜を吸っていましたがこれは前足?で花に触りバランスを取っているように見えます。(暗い場所だったのでかなりぶれています)

Dsc_1185j

別の角度のものですがなんとか口吻が見えますが長さが分かりません。飛んでいる写真が撮れていないのでホシホウジャクとの比較が出来ません。ネットで調べたところ口吻が短いのでホシホウジャクの様な芸当は出来ずにこんな形になるのだそうです。花によっては鼻先まで突っ込んで吸ったり、花に直接止まったりすることも有るのだそうです。
Dsc_1184j
 
スズメガ科の星ホシヒメホウジャクと言うのだそうです。星の王子ではなく星の姫・・・?勿体ないな。
下の写真で花に触っている左手?が二股に分かれているように見えませんか?写真のいたずらなのかどうか分かりません。この角度でしか見えてません。他の物でもなさそうだし・・・・変異か何かでしょうか。UFO写真の様で申し訳ありません。

Dsc_1187j

オオスカシバなども口吻が短めなので同じような状態になるようです。いずれもあちこち飛び回って忙しいので皆同じかと思っていました。気を付けて見ると色んな事が見えてきますね。

2017年11月 2日 (木)

ツマグロヒョウモンなど

川の土手沿いの道を歩いていたら何やら大きめの蝶が頭の上を通り過ぎたような影が見えました。土手に止まったものを見たらなんとツマグロヒョウモンのオスでした。
 
Dscf0825j
 
磐梯山の頂上で見たきりでしたから写真に撮れて嬉しかった。それほど珍しいものでもなさそうですが私としては2回目です。未だメスは見ていませんが。
 
Dscf0817j
 
これはクモガタヒョウモンでしょうか。ここの所蝶の追っかけをしていないので今年初かも知れません。居ればやっぱり撮らなければと言う事で・・・・
 
Dsc_2627j
 
ヤマトシジミのオスのようですが黒い点々が薄れているので違うかと思いました。
 
Dscf0826j
 
こちらはそのメスだと思います。どちらも大分翅が擦り切れているようで・・・何時まで頑張るのでしょうか。他人事でもない様な・・・
 
Dscf0839j
 
海の近くの崖にカワミドリが咲いていてそこにアカタテハが来ていました。

Dscf1037j

その脇ではイカリモンガが黙々と蜜を吸っていました。
 
Dscf1063j

こちらもイカリモンガのようですが模様が違って見えますが・・・・結構色んな模様のものがいるみたいです。オスメスの違いだけではないみたいですが私には分かりません。蝶のような形をしていますが蛾の仲間です。

Dscf1065j
 
花や木を見ていると蝶や鳥がついてきます。コケやシダを見ていても・・・・何もついてきませんねえ・・・・。でもコケも面白い。

 

 

 

 

2017年10月14日 (土)

トリノフンダマシなど

先日イヌセンブリを見に行ったところで見た虫などです。
 
イヌセンブリにキタテハとベニシジミが来ていました。

Dsc_1915j

ユウガギクに来ていたベニシジミはもうボロボロ、珍しい蝶だと思って行って見ました。
 
Dsc_1940j
 
シロツメクサにツバメシジミが止まっていました。裏の模様を見ようとしたら逃げられてしまいました。

Dsc_1932j

クワモドキ(オオブタクサ)の雄花が枯れ落ちて果実が出来ているのかなと近づいて見たら変わった虫を見つけました。

Dsc_1937j

トリノフンダマシと言う虫らしい。(この時は未だその正体が分からず虫だと思っていました。)前に他の人のブログでこの名前を知り、変わった虫もいるもんだと思っていました。

Dscf5626j

写真を撮っている間もじっとしているので面白くないなと草をゆすって見ました。

Dscf5636j

やっとのことで動き出し上の方に向かって移動を始めました。なんだあ、クモみたいじゃないか・・・・脚の数を数えたら8本有りました。なんだ、クモか・・・・トリノフンダマシではないのか・・・・

Dscf5640j

帰って来てから調べてみました。トリノフンダマシってクモの仲間でした。良く見たらクモの糸が見えましたがこれで虫が引っかかるのかなと思うほど雑で小さなものでした。

Dscf5644j

鳥のフンに似ているのは身を守るための擬態なのか餌を獲るためのものなのかまだ分かっていないのだそうですが、それをまた長い事観察されている方もいるようで頭が下がる思いです。

2017年10月 2日 (月)

むしできず

ガイドウォークの続きで虫編です。殆ど名前が分かりませんが結構集まったので載せてみました。
 
トゲの様な尖った尾が有るのでスズメガの仲間の幼虫のようです。

Dsc_1381j

ナラ枯れの説明をしているすぐ後ろにいました。危ない危ない・・・・朝の出がけにオオスズメバチに注意の話がありました。私も何回か鼻先でぶんぶん飛び回るスズメバチをじっと動かずに我慢していたことが有りました。甘いものを食べた後に来られた時は本当にやばいと思いました。口に止まるんではないかとびくびくものでした。

Dsc_1393j

この辺からはガイドさんから離れて別の所で話をしていたので名前が分かりません。取敢えず写真だけは撮って来ました。

Dsc_1402j

こういう風景はあまり好きではありません。でも無視はできません。
 
Dsc_1408j
 
何かガの幼虫なのでしょうけど・・・

Dsc_1403j

これは説明を聞いた人からまた聞きをしました。ここから後はサンショウの木にいました。

Dsc_1410j

シンジュサンと言うガの幼虫だそうです。

Dsc_1412j

可愛い顔をした割と大き目の虫です。アゲハの幼虫だと聞いたけど何アゲハ?
調べてみました。クロアゲハかモンキアゲハの終齢幼虫のようですが・・・

Dsc_1414j

説明を聞き逃しましたが調べたところナミアゲハの若齢幼虫のようです。

Dsc_1416j

冬に向かって虫たちも一生懸命ですね。がんばれ!

Dsc_1418j

ガイドさんから離れると話が見えなくなってしまいますね。でも楽しい一時でした。有難うございました。真面目に講義を聞かなきゃあ・・・話も虫食い状態で後で苦労するだけ・・・・

2017年9月27日 (水)

皆で笑えば

秋になってアザミの花が(秋だけではないんでしょうけど)咲くと虫たちも大忙しです。アザミの花は結構人気ものなんですね。
 
花の中に頭を突っ込んで名前の通り、アオハナムグリが周りのことなどお構いなしでお食事中。

Dsc_1197j

これまたアザミの所にいたキイロケブカミバエ  ミバエ科 です。

Dsc_0754j

幼虫がアザミの花の中で種子を食べて育つのだそうです。

Dsc_0755j

だからか、他に飛んで行きそうも有りませんでした。

Dsc_0760j

前回ご紹介しましたダキバヒメアザミの写真を見ていたら、なんと綺麗な虫が写っていました。

Dsc_9896j

大きくして見たら色とりどりで綺麗です。名前を探しましたが見つけられず、太白の観察センターに行って聞いてみました。センター長が図鑑を持って来て調べてくれました。アカアシカスミカメムシ  カメムシ目  カスミカメムシ科  だそうです。山地のキク科の植物に来る虫だそうです。

Dsc_9898j

その時にセンターのポーチにいた虫です。ツヅレサセコオロギ だそうです。翅がオスにしては短いしメスにしては長い。オスの若なのかもしれません。日当りに動かないでいたので植え込みの方に逃がしてやりました。夜にはきれいな鳴き声を聞かせてくれるでしょうか。
 
Dsc_1235j
 
山道を歩いていたらこんなものを見つけました。アカスジキンカメムシの5齢幼中だそうです。みんな笑顔で良いですね。一番下のものはたまたま別の所が目になって別の笑い顔に見えました。

Dscf0353j

素敵な笑顔に会えて今日も一日楽しかったなあ。

2017年9月26日 (火)

かにしてね

8月中頃に海の近くの山道を歩いている時に少し崖のような所で赤いカニを見つけました。
 
赤いカニっているんだあと思いました。茹でたカニなら見た事は有るけど生きたカニで赤いのは初めてではないかに・・・
 
Dscf5419j
 
早速調べてみました。
アカテガニ イワガニ上科  ベンケイガニ科 アカテガニ属 海の近くの森や岩場、崖など。
 
Dscf5420j
 
カメラを近づけたら逃げ出しそうだったので木の枝で行く手を阻むと今度は戦闘態勢に入った。時間切れか、泡を吹いてきたので写真を撮ったところで止めました。
 
Dscf5424j
 
9月中頃に海辺の林を歩いていたら今度は黒いカニがいました。サッサカ逃げ腰だったのでこれまた枝で行く手を阻み写真を撮らせてもらいました。

Dsc_0199j

甲羅の前の方の凹凸が太い眉毛か眉に縦縞を寄せた顔に見えて何となく知っていたベンケイガニの名前が出て来ました。

Dsc_0206j

クロベンケイガニ  イワガニ上科  ベンケイガニ科  アカテガニ属  河口域の干潟や護岸、下流域の護岸や田んぼなど
棒でたたかれてもじっと耐える・・・・やっぱり弁慶だなあ

Dsc_0209j

動物愛護の観点からすれば載せてはいけない(してはいけない)事かも知れませんがそこのところ何とかカニしてね。

 

 

 

2017年9月13日 (水)

ちょう久しぶり

花が有れば私は寄って行きますがそれより早く虫や蝶も寄って行きます。
 
これは公園ではなく山の上で撮ったものですが(公園でと言いたいところでしたがヤマハハコでは嘘はつけません)久しぶりにクジャクチョウを見ました。すっかり名前まで忘れて・・・何だっけ、何だっけと思い出すまで大変でした。裏を撮ろうとしたら逃げられてしまいました。

Dsc_8217j

コウゾリナの花にタテハチョウが・・・・Lの模様が見えるけど・・・
 
Dsc_8469j
 
翅を開いてくれたので分かりました。キタテハでした。今迄この姿を見てもエルタテハとの見分けがつかずにいましたが翅の縁のギザギザがどうのLの形がどうのとその辺に惑わされていましたが元々後翅の模様が全然違っているのに気付きました。単純なことでした。

Dsc_8464j

しばらくモンシロチョウと遊んでみました。

Dsc_8504j

ヒヨドリバナに止まりました。

Dsc_8505j

この花はチョウにとっては貴重な花のようです。

Dsc_8512j

この日は天気が良かったのでシャッタースピードが上がった様でぶれずに済んだようです。高望遠でないのも良かったみたいです。

Dsc_8514j

何時の間にかこんな事まで・・・あんたみたいに暇じゃないんだよってか・・・・

Dsc_8523j

暇な老人はのんびりとした1日を過ごせました。この日は雨の予報さえあったのですが降るどころか暑い日で汗びっしょりで歩いていました。飲み物持参でしたが底をつきそうでした。もう足がクタクタ・・・・と言いつつ翌日に登山を考えていましたが・・・。

 

2017年8月 5日 (土)

磐梯山周辺で5

磐梯山の周りで見た虫たちです。
 
 
登山道わきの葉の上に止まっていました。濃い緑色の綺麗な虫です。
 
Dsc_5810j
 
ただ顔は怖い。アオジョウカイ  カブトムシ亜科  ジョウカイボン科 の様です。
割とみられるようですが私は初見です。

Dsc_5804j

小さなゾウムシの様な奴がいました。小さいけど金色に輝いているので目立ちます。

Dsc_5825j

ドロハマキチョッキリ カブトムシ亜目  オトシブミ科  名前はドロでも赤や緑や金色に光の加減で色々変わりながら輝いて綺麗です。

Dsc_5831j

もっと小さな奴がいました。ルリイロに輝いていると思ったら本体は黒っぽくて空の色が映ってそう見えただけなのかもしれません。

Dsc_5869j

ごく普通そうに見えたけど名前を見つける事が出来ませんでした。

Dsc_5871j

カメムシの仲間のようですが、あまり見かけない顔だななどと・・・結局はみんな見かけない顔になってしまうんですけどね。

Dsc_5906j

ミヤマツノカメムシ カメムシ目 ツノカメムシ科  カメムシはよく見かけるけどあまり好きになれない。先入観からかな。

Dsc_5909j

黄色、オレンジ色の紋が綺麗な黒い虫。背中にダニのようなものが付いていますがまさか子供じゃないでしょうね。

Dsc_5964j

甲虫目 シデムシ科 モンシデムシ亜科 じろじろ見ていたら逃げて行ってしまいました。

Dsc_5966j

虫の世界もなかなか難しいようで、名前を知るだけでも大変です。生態から何からと言ったらとても掛け持ちなどできそうにも有りません。体がいくつあっても足りません。でも植物と虫たち、関連が無い訳では無いので見れたものだけでも調べて行かなくては・・・

2017年8月 4日 (金)

磐梯山周辺で4

五色沼周りをしてみました。植物は勿論のことですがトンボ類も見られるので。
 
 
お目当てのアマゴイルリトンボのオスがいました。
 
Dsc_6162j
 
これは雄だと思うのですがこの行為は何なのでしょうか。去年も見た事が有りました。

Dsc_6113j

いつの間にか餌を捕まえていたようです。

Dsc_6089j

交尾中の所お邪魔します。去年は雌の姿を見ていなかったと思うので・・・と言う事は交尾中も初めてか・・・オスは割と見かけるのですがメスはなかなか見られませんでした。

Dsc_6107j

雌の姿を憶えたところで・・・いた!・・・眼が黒いのでモノサシトンボのメスのようです。アマゴイルリトンボもモノサシトンボの仲間なので似ているようです。

Dsc_6121j

これも眼が黒っぽいので違うかと思ったら胸の脇の黒い線が太めなのでモノサシトンボではなくアマゴイのメスだと思います。
 
Dsc_6148j
 
これは間違いなくアマゴイのメスでしょう。
 
Dsc_6085j

アマゴイのメスを見る事が出来て来た甲斐が有りました。

Dsc_6175j

道脇に見た事があるものを見つけました。

Dscf5224j

カメムシタケでしょう。土もうまく取れて綺麗に撮れたと思います。冬虫夏草と言う事で虫の所で載せましたが夏は草と言う事で植物だったか・・・・

Dscf5231j

アマゴイは宮城県内では見れないので、簡単に?見れるここに来てみるようにしています。次もまた虫ですが無視しないでください。

2017年7月31日 (月)

カワトンボたち

7月15日 市内のある公園の観察会に行って見ました。
 
ヤマユリの蕾のものが有りました。残念ながら咲いていませんねと言いながら歩いていたら咲いたばかりのものが有りました。咲いたばかりの葯の色がこげ茶色で花糸に真直ぐについています。
 
Dsc_5676j
 
その先に行ったら少し時が経ったものも有りました。葯が花糸に直角になっていました。
 
Dsc_5679j
 
木の枝に緑の実が生っていました。シラキの実だそうです。トウダイグサ科 シラキ属  蒴果は三角状球形で花柱が残る。秋に暗紫色に熟すと3つに割れ白い糸で種子をぶら下げる。秋にはきれいな紅葉となる。

Dsc_5681j

黒くなって熟したら食べられるのだとか、油もとれるのだとか皆さん良くご存じで・・・木については殆どお手上げ状態です。

Dsc_5680j

アカハナカミキリがいました。

Dsc_5682j

公園の中に小川が有り色んなカワトンボが見られました。
ハグロトンボのメス
 
Dsc_5731j
 
これもそう。威嚇でもしているのか怖い顔に見えました。

Dsc_5714j

ハグロトンボのオス、緑のメタリックに輝く胴体が綺麗です。

Dsc_5717j

これは青っぽいけど・・・・ミヤマカワトンボのオスでしょう。初見かな?
 
Dsc_5464j
 
二ホンカワトンボのメス、透明型のようですが少し色がついているようだし、身体も緑ではなく茶色っぽい感じだし・・・他には考えられないので、それで良いか・・・。
 
Dsc_5460j
 
カワトンボはそれ程種類は多くはない様ですが地域差なのか変種があるのかなかなかたどり着けなかったりします。まだまだ修行が足らんと言う事ですか・・・。

より以前の記事一覧