動物

2018年7月14日 (土)

むしむしする

渓谷に下りていく前に駐車場周りを散歩している時に木の実を見つけました。何の木の実だろうと写真を撮ろうとしたら虫がしがみついていました。
 
良く見るとお尻の方から出した白い糸が隣の実に繋がっていました。

Dsc_7753j

ピントが上手くいかなかったようですが何となく雰囲気だけは・・・。大きな口で咥えているように見えますが4本の脚?でつかまっているようです。
 
P6210154j
 
これはお尻の方ですが尖った爪を持った手?のような物が4個見えます。途中には手足らしきものは見えません。体を曲げたり伸ばしたりして歩行するシャクトリムシの仲間でしょう。そして木の枝のように擬態するエダシャクガの幼虫だと思われます。昔はシャクトリムシと言うのは1種類だと思っていましたが調べてみるととてつもない数の種類がある事を知りました。シャクトリムシがシャクガの幼虫だと言う事も。少し探して見ましたがやはり名前にはたどり着けませんでした。
 
P6210153j
 
渓谷に下りて行ったら湿度が高い。むしむしジメジメ、衣服もじと~としてきました。岩崖のコケの上に毛虫がいました。かなり大きい。下りて来そうなので待っていましたがなかなか慎重で時間がもったいない・・・・

Dsc_7875j

岩の上のコケは滑るよ~ではなく、コケの上を歩かなきゃ滑るよ~でした。言わんこっちゃない・・・・コケの無い所に行った途端にツルリンこ。下まで落ちて来てしまいました。何処に行くんだったか、取敢えず元に戻してあげました。ところでこの子は誰の子?
 
P6220249j

河原に下りたら白い蝶が・・・・スジグロシロチョウにしては黒の部分が多いけど・・・と思ったら、夏型だそうです。

Dsc_7935j

渓谷から上がって来てから少しクールダウン。レンズを300mmに切換えて蝶狙いに。最初に会ったのはテングチョウでした。なかなかすばしっこくて・・・
 
Dsc_7996j
 
ウラナミアカシジミは綺麗!

Dsc_7984j
 
アカシジミもいました。

Dsc_8003j
 
これもアカシジミ・・・・だよね。蝶自体が変色することって無いよね。翅の壊れ具合からして同じ個体だと思います。バックの色によってカメラがそうしているのかもしれません。

P6220347j

花も撮れたしチョウも撮れたし・・後はコケシダか・・・・
キビタキは見たけど普通のレンズだったし、見た事のない水鳥だと思うけど雛が数羽慌てて藪の方に逃げて行き、親鳥が飛び出してきて翅を怪我した風に地面を動き回ったりしていたけどカメラを持たずに様子見をしていた時だったし、鳥撮りにはついてなかったようで鳥ネタは有りません。

2018年7月 1日 (日)

宿題わすれてた

植物の会の観察会だったけど虫3種も見ていたので調べてみました。
 
イネなどに良くついているヨコバイの仲間のようだけど水色が綺麗です。

Dsc_7611j
 
姿形からオオヨコバイにそっくりですが黄緑色のものばかりでこの色のものは有りませんでしたし、この色のものも有るとも書かれていませんでした。年齢とか時期によって違うものならそのような記載も有るでしょうから
地域性によるものかもしれません。

Dsc_7613j
 
昼食の時、近くのコンクリート製の杭に止まったハエです。写真を撮ろうとすると直ぐに逃げてまたすぐに戻って来ます。すばしっこい、はえーと言う感じです。まるでからかわれているようで・・・

Dsc_7681j
 
ニクバエの一種・・・ネットの図鑑で同じようなものを見ましたが似てはいるけど微妙に違う所が有りました。弁当の臭いで寄って来たのでしょうか。

Dsc_7683j
 
コンクリート製の橋を渡っている時に風に煽られてやむなく不時着と言った感じで蛾が止まりました。風が強くて逃げようにも逃げられないようだったのでゆっくりとカメラを用意して撮って見ました。

Dsc_7695j
 
スズメガの仲間だと予測は着きましたから調べるのは簡単でした。サザナミスズメと言うものらしい。確かに翅にはさざ波模様が見えました。

Dsc_7697j

植物の会と言っても昆虫捕獲網を持って来る人もいてけっこう詳しい。食草,食樹について調べて・・・とか、山に登っている内にとか入口は色々でも皆さん熱心で詳しい。「好きこそものの上手なれ」でしょうか。私はしょっちゅうわき道にそれ(そもそもブログの名前がそうなのだからしょうがない)下手の横好き、七十の手習い?でしょうか。その日暮らしの毎日です。

2018年5月27日 (日)

ときどきドキドキ

野山を歩いて花を探して歩いていると時々蝶に会う事がある。珍しいものだったりすると逃げないようにと願いながら近づくときはドキドキするものである。
 
蝶の写真を撮るのも久しぶりです。アスファルトの道で弱っているのかぴくぴくしながら止まっていました。逃げる様子が有りませんでした。イチモンジチョウのようですが5月頃から見え始めると書いて有りましたからまだ若い奴なのかなあ。

Dsc_6471j

これは山道を歩いている時に脚元から急に飛び立って近くの草陰に逃げ込んだのでそっと近づいて撮りました。大きな目玉模様の蛾です。本当は目玉模様ではなくトモエの御紋でこの手のものにはトモエと言う名前がつくようです。
シロスジトモエ  ヤガ科  トモエガ亜科  初めて見るものです。

Dscf6553j

福島県のある山道を歩いている時に数メートル先に何か茶色っぽいものが飛んで行って止まりました。蛾と言う感じがしました。

P5210878j

少し近づいて見ると、見た事のない様な感じの蝶?蛾?でした。この時は坂道を登るため邪魔な一眼をリュックに納めた後でした。出している内に逃げられでもしたら・・・・ポケットに入れていたコンデジで近づいて撮ろうかと・・・登山靴なのでそっとしているつもりなのだけどジャリッ、ジャリッと音が出てしまいます。それでも逃げずにいてくれました。心臓はドッキドッキです。変わった形だなあと思っていたけど良く見ると結構ぼろぼろのようです。何故かしら頭の中にコノマチョウの名前が浮かびました。

P5210884j

帰って来てから調べてみました。ウスイロコノマチョウとかクロコノマチョウとかの名前が有りましたが全然違っていました。可笑しいなあと思いながら、さらに調べるとメスらしい。それも季節によって変わるようで・・・・この蝶は結構南の方の蝶らしく陽気につられて迷い込んできたものらしい。翅を開かないかなあと触ったら逃げて行ってしまいました。珍しいものが見れてちょううれしい・・・
時々はドキドキするのも良いものですね。

2018年4月 8日 (日)

金ちゃんもコケが好き?

3月26日にコケを探していたらいつもの笑顔の金ちゃんを見つけました。
 
この虫を見つけるといつも笑ってしまいます。

P3260012j

コケとこの虫何か関係あるのかな?あ!このコケ、何だったかな?
 
P3260014j
 
じっと動かないでいたので綺麗に撮れたようです。おっと、コケを探しに来たんだった・・・・虫は無視・・・・

2017年11月28日 (火)

サワガニ?とカナヘビ?

先日東北大学植物園に行ってコケ探しをしました。ここも30日で今年は終わりです。
 
湿地を歩いていたら小さな蟹を見つけました。3cmぐらいでしょうか。図鑑で見てもサワガニは赤っぽいのですが淡水に常時いるものはサワガニの仲間しかいないとの事ですのでサワガニで良いのかな。

Dsc_3384j

カメラを向けると・・・向けても無反応でした・・・・ので草の茎でつついて見ました。一応相手をしてくれました。

Dsc_3386j

ちょっと失礼をして下の方も撮らせてもらいました。「ふんどし」の部分が広いのでメスでしょう。あ!メスはふんどしはしないか・・・

Dsc_3388j

背中の甲羅部分も撮らせてもらいました。色については地域性や個体差によるものだとか。

Dsc_3392j

これはスギゴケの仲間の何かだと思って写真を撮っていました。み右わきの下の方に白く丸いものが見えました。

Dsc_3453j

ホコリタケか何かの様なキノコの一種かなと思いました。白っぽく大きいものが一つと小さなものが二つありました。小さいものは破けていて中のものが出た後だろうと思いました。

Dsc_3455j

白いものは柔らかいけど弾力があるようです。木の枝を刺して見ました。破けて黄色いものが飛び散りました。あ!卵だったのか・・・・黒っぽいものが見えたので出して見ました。最初は蛇の卵?と思いましたがそれにしては小さいのでは?

Dsc_3459j

良く見たら手足が見えました。カナヘビだったようです。

Dsc_3462j

知らないこととはいえ殺生をしてしまいました。小さい二つのものは無精卵だったと考えられます。せっかくの命をダメにしてしまいました。来年はこの森のカナヘビの数が1匹少なくなるでしょう。ごめんなさい。

2017年11月 4日 (土)

また会っちゃった

山の道脇でツリブネソウの写真を撮ろうとしたらホシホウジャクがいた。

Dsc_0084j

何年か前まではとんと気付かずにいたのに急に目につくようになってしまいました。

Dsc_0087j

最初見つけた時はハチドリかも知れないと真剣に思ったものでした。蛾だと知って蛾っかり・・・

Dsc_0098j

キツリフネにも・・・・こんな吸い方をされたんじゃ受粉には役立たない。とんだ蜜泥棒です。

Dsc_0139j

花を選ばずですね。

Dsc_2570j

ここにはオオスカシバの姿は見えず、独壇場。とにかく忙しい。止まって吸う訳では無いのでチョコマカチョコマカピント合わせも楽じゃない。

Dsc_2586j

マダラガ科のミノウスバと言うもののオスらしい。ミノは蓑、ウスバは翅が透き通っているから・・・と自分なりの勝手な解釈。蛾の魅力は何と言ってもこの触覚、オスだけだけど。

Dscf0887j

オスは威嚇のために黒い尾っぽを立てるのだそうです。

Dscf0890j

ホシホウジャクもオオスカシバも止まっている所を見た事が有りません。止まると黄色の部分が隠れてしまうので全然目立たない様で、それで目につく機会が無いのだと思います。飛んでいる時に目を着けて止まったら・・・と目で追いかけるのだけど止まってくれません。まあ、その内・・・でしょう。
*****************************************************************
追記です
ホシホウジャクの記事を載せてからまだ残っていることに気づきこれも加えようと写真を見ていたところ変なことに気づきました。
ホシホウジャクは花などに触らずに飛んでいる状態で蜜を吸っていましたがこれは前足?で花に触りバランスを取っているように見えます。(暗い場所だったのでかなりぶれています)

Dsc_1185j

別の角度のものですがなんとか口吻が見えますが長さが分かりません。飛んでいる写真が撮れていないのでホシホウジャクとの比較が出来ません。ネットで調べたところ口吻が短いのでホシホウジャクの様な芸当は出来ずにこんな形になるのだそうです。花によっては鼻先まで突っ込んで吸ったり、花に直接止まったりすることも有るのだそうです。
Dsc_1184j
 
スズメガ科の星ホシヒメホウジャクと言うのだそうです。星の王子ではなく星の姫・・・?勿体ないな。
下の写真で花に触っている左手?が二股に分かれているように見えませんか?写真のいたずらなのかどうか分かりません。この角度でしか見えてません。他の物でもなさそうだし・・・・変異か何かでしょうか。UFO写真の様で申し訳ありません。

Dsc_1187j

オオスカシバなども口吻が短めなので同じような状態になるようです。いずれもあちこち飛び回って忙しいので皆同じかと思っていました。気を付けて見ると色んな事が見えてきますね。

2017年11月 2日 (木)

ツマグロヒョウモンなど

川の土手沿いの道を歩いていたら何やら大きめの蝶が頭の上を通り過ぎたような影が見えました。土手に止まったものを見たらなんとツマグロヒョウモンのオスでした。
 
Dscf0825j
 
磐梯山の頂上で見たきりでしたから写真に撮れて嬉しかった。それほど珍しいものでもなさそうですが私としては2回目です。未だメスは見ていませんが。
 
Dscf0817j
 
これはクモガタヒョウモンでしょうか。ここの所蝶の追っかけをしていないので今年初かも知れません。居ればやっぱり撮らなければと言う事で・・・・
 
Dsc_2627j
 
ヤマトシジミのオスのようですが黒い点々が薄れているので違うかと思いました。
 
Dscf0826j
 
こちらはそのメスだと思います。どちらも大分翅が擦り切れているようで・・・何時まで頑張るのでしょうか。他人事でもない様な・・・
 
Dscf0839j
 
海の近くの崖にカワミドリが咲いていてそこにアカタテハが来ていました。

Dscf1037j

その脇ではイカリモンガが黙々と蜜を吸っていました。
 
Dscf1063j

こちらもイカリモンガのようですが模様が違って見えますが・・・・結構色んな模様のものがいるみたいです。オスメスの違いだけではないみたいですが私には分かりません。蝶のような形をしていますが蛾の仲間です。

Dscf1065j
 
花や木を見ていると蝶や鳥がついてきます。コケやシダを見ていても・・・・何もついてきませんねえ・・・・。でもコケも面白い。

 

 

 

 

2017年10月14日 (土)

トリノフンダマシなど

先日イヌセンブリを見に行ったところで見た虫などです。
 
イヌセンブリにキタテハとベニシジミが来ていました。

Dsc_1915j

ユウガギクに来ていたベニシジミはもうボロボロ、珍しい蝶だと思って行って見ました。
 
Dsc_1940j
 
シロツメクサにツバメシジミが止まっていました。裏の模様を見ようとしたら逃げられてしまいました。

Dsc_1932j

クワモドキ(オオブタクサ)の雄花が枯れ落ちて果実が出来ているのかなと近づいて見たら変わった虫を見つけました。

Dsc_1937j

トリノフンダマシと言う虫らしい。(この時は未だその正体が分からず虫だと思っていました。)前に他の人のブログでこの名前を知り、変わった虫もいるもんだと思っていました。

Dscf5626j

写真を撮っている間もじっとしているので面白くないなと草をゆすって見ました。

Dscf5636j

やっとのことで動き出し上の方に向かって移動を始めました。なんだあ、クモみたいじゃないか・・・・脚の数を数えたら8本有りました。なんだ、クモか・・・・トリノフンダマシではないのか・・・・

Dscf5640j

帰って来てから調べてみました。トリノフンダマシってクモの仲間でした。良く見たらクモの糸が見えましたがこれで虫が引っかかるのかなと思うほど雑で小さなものでした。

Dscf5644j

鳥のフンに似ているのは身を守るための擬態なのか餌を獲るためのものなのかまだ分かっていないのだそうですが、それをまた長い事観察されている方もいるようで頭が下がる思いです。

2017年10月 2日 (月)

むしできず

ガイドウォークの続きで虫編です。殆ど名前が分かりませんが結構集まったので載せてみました。
 
トゲの様な尖った尾が有るのでスズメガの仲間の幼虫のようです。

Dsc_1381j

ナラ枯れの説明をしているすぐ後ろにいました。危ない危ない・・・・朝の出がけにオオスズメバチに注意の話がありました。私も何回か鼻先でぶんぶん飛び回るスズメバチをじっと動かずに我慢していたことが有りました。甘いものを食べた後に来られた時は本当にやばいと思いました。口に止まるんではないかとびくびくものでした。

Dsc_1393j

この辺からはガイドさんから離れて別の所で話をしていたので名前が分かりません。取敢えず写真だけは撮って来ました。

Dsc_1402j

こういう風景はあまり好きではありません。でも無視はできません。
 
Dsc_1408j
 
何かガの幼虫なのでしょうけど・・・

Dsc_1403j

これは説明を聞いた人からまた聞きをしました。ここから後はサンショウの木にいました。

Dsc_1410j

シンジュサンと言うガの幼虫だそうです。

Dsc_1412j

可愛い顔をした割と大き目の虫です。アゲハの幼虫だと聞いたけど何アゲハ?
調べてみました。クロアゲハかモンキアゲハの終齢幼虫のようですが・・・

Dsc_1414j

説明を聞き逃しましたが調べたところナミアゲハの若齢幼虫のようです。

Dsc_1416j

冬に向かって虫たちも一生懸命ですね。がんばれ!

Dsc_1418j

ガイドさんから離れると話が見えなくなってしまいますね。でも楽しい一時でした。有難うございました。真面目に講義を聞かなきゃあ・・・話も虫食い状態で後で苦労するだけ・・・・

2017年9月27日 (水)

皆で笑えば

秋になってアザミの花が(秋だけではないんでしょうけど)咲くと虫たちも大忙しです。アザミの花は結構人気ものなんですね。
 
花の中に頭を突っ込んで名前の通り、アオハナムグリが周りのことなどお構いなしでお食事中。

Dsc_1197j

これまたアザミの所にいたキイロケブカミバエ  ミバエ科 です。

Dsc_0754j

幼虫がアザミの花の中で種子を食べて育つのだそうです。

Dsc_0755j

だからか、他に飛んで行きそうも有りませんでした。

Dsc_0760j

前回ご紹介しましたダキバヒメアザミの写真を見ていたら、なんと綺麗な虫が写っていました。

Dsc_9896j

大きくして見たら色とりどりで綺麗です。名前を探しましたが見つけられず、太白の観察センターに行って聞いてみました。センター長が図鑑を持って来て調べてくれました。アカアシカスミカメムシ  カメムシ目  カスミカメムシ科  だそうです。山地のキク科の植物に来る虫だそうです。

Dsc_9898j

その時にセンターのポーチにいた虫です。ツヅレサセコオロギ だそうです。翅がオスにしては短いしメスにしては長い。オスの若なのかもしれません。日当りに動かないでいたので植え込みの方に逃がしてやりました。夜にはきれいな鳴き声を聞かせてくれるでしょうか。
 
Dsc_1235j
 
山道を歩いていたらこんなものを見つけました。アカスジキンカメムシの5齢幼中だそうです。みんな笑顔で良いですね。一番下のものはたまたま別の所が目になって別の笑い顔に見えました。

Dscf0353j

素敵な笑顔に会えて今日も一日楽しかったなあ。

より以前の記事一覧