2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

これまでのブログ

登山、山の花

2019年8月24日 (土)

ランランラン14

なかなか見つけられなかったミズトンボがやっと見つかりました。オオミズトンボよりは数が多いはずなのになぜか見つけられずに今日まで来てしまいました。今年最後のランになると思います。何年か前に他で見ていたはずなのにオオミズトンボとどう違うんだったっけ・・ネットで見て何とか思い出しました。

待ちくたびれたのか横になっていました。倒したのは私ではありません。風に揺れないので撮り易い。

P8254946j

これは倒れまでは行かないけど傾いて、方向修正しながら蛇行運転でした。オオミズトンボは皆真直ぐにしっかりと立っていたのに・・茎だってそんなに細い訳でもなさそうだけど・・・

P8254948j

 

P8254968j

未だ蕾のものも有りました。こちらの方が遅いのかもしれません。

P8254960j

蕾の形です。オオミズトンボと蕾の状態で区別がつくかな。

P8254962j

今年も随分ランを見る事が出来ました。でももう見納めかも。取敢えず思い浮かぶものは有りません。殆ど教えて頂いた方が多いのですけど見つけた時は本当にチドリかトンボかサギか・・・飛んでしまいそうです。

2019年8月23日 (金)

ランランラン13

永いこと見たいと思っていた花にやっと出会う事が出来ました。ミズトンボは福島県に行った時に教えて頂いて見る事が出来ていましたが、オオミズトンボは今回初めて見る事が出来ました。

すこし早かったようで、何とか開いているのを見つけました。

P8184576j

十字架をぶら下げた様な唇弁?と長ーくぶら下がった距。個性が強すぎ・・遠くからでも見分けがつきます。

P8184573j_20190824004101  

3日置いてからまた行って見ました。満開状態でした。

Dscf1756j

丁度見頃のようです。ツレサギソウも見事だったけどこれもまた見事です。

Dscf1754j

この日は暑い暑い日で日陰部分が無いし風が無いし、熱中症になりそうと思いながら写真を撮っていました。写真を撮るには風がなくて良かったのでしょうけど・・・結構ばてました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年8月22日 (木)

ランランラン12

可愛いランに出会う事が出来ました。野草園でしか見た事のない花でしたから嬉しかった。野草園ではもうとっくに終わっていたので咲いているとは思っても見ませんでした。

本当に不思議な花ですね。本当に白い鳥が飛んでいるように見えます。後に見えるのもそうですが左横の方にピンとお尻を曲げて・・いつも正面からしか見ていないので距が有るとは思っても見ませんでした。サギソウもやはりランでしたね。

P8184580j

♪2つ並んで咲いている・・♪

P8184583j

白飛びして・・・と日陰にして撮ったけど・・背景も暗くしないと駄目でした。ど素人!

P8184581j

こんな場所もまだ残っているんだと思うと嬉しい様な、もう数えるくらいしかないと思うと悲しい様な。手を入れずに残せるのか、手を入れて残すのか・・・盗掘などは論外ですが・・難しい問題です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年8月15日 (木)

ヤマホロシ

去年見ていた場所を忘れて2回も探し回るなんて・・私にしてみれば日常茶飯事かもしれませんが・・そのお陰で他の物も見つけられる・・ことも有る。他の人と色んな所に同行させてもらったりすることが有るんですが、皆さんこまめにメモをされているようです。何をどのように書いているのかは分かりませんが、その間私はボ~と見てるだけ・・チコちゃんに叱られてしまいそうです。この頃は必要な場所だけは漫画地図でメモするようにしています。以前は周囲の写真を撮っていたのですが、後で写真整理をしている時に、景色だけの写真なんてと捨ててしまう事が良く有りましたし、写真にしておかなければ現地で見ようもない。スマホがあればそれは可能かもしれませんが、電話できればいいだけの携帯ではそれも無理。矢張りスマホかなあ。

去年と同じところに同じように咲いていました。

Dsc_3024j

実も出来始めていました。

P8064171j

ヒヨドリジョウゴの様な濃い緑の真ん丸です。

Dsc_3029j

見かけ上ヒヨドリジョウゴとは蔓や葉に毛が無い事で見分けられるようです。

P8064177j

他のナス科のものとは蔓性であることとか花柄と実の付け根部分などの違いで見分けられるのだそうです。

P8064174j

最初は磐梯山で見たので高い山でなくては見れないものと思っていましたが、ここはそれ程の標高も無い所でした。最初見た時は緑の丸い実を見て、なあんだ、ヒヨドリジョウゴかと思ったのであまり場所を憶えようとしていなかったのだと思います。

P8064176j

県内でも数か所で見られていてそれ程稀有なものではないようですが絶滅危惧Ⅱ類になっているようです。
道脇なので草刈りに遭うのではと心配しましたが、草刈りの範囲からはずれている様なので一安心です。

 

 

 

 

 

2019年8月14日 (水)

ランランラン11

ミヤマモジズリを見に市内の山に登って来ました。猛暑と言うほどではなかったけど蒸し暑いせいか途中でオーバーヒート気味、休み休み登ったので何時もの倍以上の時間が掛かりました。お日様はないけど風も無い。汗をかいても乾かない。ひっきりなしにタオルで汗を拭いて蒸発を促す。時折吹く微風が心地よい。16年、18年にはこのころ咲いていたけど今年はどうなのか心配だったけど、咲いていたものも有って安心しました。

ネジバナのようだけどこれは捩れず片側にだけ花が付いています。

P8134460j

咲き初めのようでまだ下の方だけしか開いていませんでした。

P8134462j

去年よりは株数が増えているようですが若い株が多いようで蕾のものも多く見られました。

P8134465j

可愛い可愛い花でした。

P8134467j

今年も見れて良かった。1番最初に見つけた所のものが見えなかったので、見つけられたかと思いましたが未だ花茎を立ち上げない若い葉が2株ほど見られました。世代交代したのかもしれません。何時までもいつまでも咲き続けて欲しいと願うばかりです。苦労して登った甲斐が有りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年8月10日 (土)

クサアジサイ

クサアジサイもヤマアジサイ同様、関東地方以西となっていたり東北南部以西、宮城県以南となっていて希少な植物のようです。県内でも前から記録があり数年前に名前を知って探していましたが、何しろ見た事が無いのでどのような環境なのか、どれくらいの大きさなのか、花の時期は何時頃なのか全然分かりませんでした。
今回見つけられなければ少しでも可能性の高い福島県に行って探して見ようかとまで思っていました。
まずはヤマアジサイ同様沢沿いに有るのだろう、花の時期については南の方では9月頃の様でしたが、ヤマアジサイが終わった頃と言うヒントが有りました。先日山アジサイの終わったところを見ていたので、もしかしたらもう遅いのかも・・。それでも花がないよりは終わった花でも有ったほうが見つけやすいと思いました。
夕方まで探しても結局のところ見つけられず。何時ものように最後の最後に見つかるんだよなあと・・人生そんなに甘いもんじゃ・・・道脇の木に絡まった蔓が・・・次回のお楽しみ・・・久しぶりに見た花なので、まあ空振りでは無かったから何とか帰れそう。帰りは来た道ではなく廻って帰ろうと・・未だ諦めていない・・
途中で何となく雰囲気がある所が有ったので、川を挟んだ対岸を見ながら少し歩いて見ました。双眼鏡が有ったので覗いて見たら、ネットで見た写真のようなものが見えました。

数本でしたが咲いていました。中の両性花は終わって花弁が有りませんでした。

Dsc_2836j

装飾花も赤くなっているのも有りました。

Dsc_2838j

中の両性花部分が赤く見えるのは3つに割れた花柱部分が赤くなっているからのようです。

P8044130j

探したら両性花の先残りが何個か有りました。

P8044140j

クサということでもっと小さなものだと思っていましたが意外と大きなものでビックリ・・・・
一度覚えれば今度は探すのも簡単かも。同じ環境に生える(と思う)テンニンソウの葉には何回騙されたことか・・・今度は騙されないぞ・・・。花が咲いていればそんなことも無いんだけど。
今日は9回裏逆転満塁ホームランという気分で・・気を付けて帰りましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年8月 8日 (木)

ランランラン10

先日県南の方に、去年見つけていたヤマホロシの場所を確認しに行って見ました。去年見たのはもう少し後でしたが、その時は実が出来ていて花も咲いている状態でしたので、今行けば花が咲き始めている頃だろうと思いました。ところが思っていた辺りには記憶に残っている周辺の景色が見当たりませんでした。あそこを見てからここの道をこう・・・・記憶をたどりながら道なりに歩いて見ましたがとうとう見つけられませんでした。ガックリ来てもう止めようと諦めて帰ろうとした時に道脇でランの姿を目にしました。

姿を見てイイヌマムカゴだと思いました。

Dsc_2982j

イイヌマムカゴは市内の山でも見ていたので、ここにも有ったか・・ぐらいの気持ちでした。この日はうっかりして接写できるカメラを忘れて一眼だけだったので花の詳細は撮れませんでした。証拠写真で良いかなと言う気持ちでした。

Dsc_2985j

翌日また福島県の方に行く用事が出来たので帰りに寄って見ました。あれ?イイヌマムカゴと違う・・と思いました。この花の形はトンボソウの方じゃないかな・・・

P8064301j

トンボソウはこんなに花を付けないはずだし・・

P8064307j

イイヌマムカゴの葉は縁に波が有るはずだけど・・・ムカゴトンボなんて有ったりして・・・
調べたらそんな名前が有りました。でも全然違うものでした。

P8064313j

去年見ていたイイヌマムカゴです。このイメージでいたので違うものだと思いましたが、多分時期的な違いなのだと思います。

P8011405j

これの葉はやはり波打っています。

P8011403j

クモキリソウ同様、花が終わると波も引いてしまうのかもしれません。変異では無いのでしょう。 
もう少し観察が必要なようです。

 

 

 

 

 

 

 

2019年8月 7日 (水)

ランランラン9

クサアジサイを探しに行った山でクモキリソウの様な花の終わったランを見つけました。

花の終わった形はクモキリソウで間違いないと思いますが葉の縁に波が有りません。

P8044025j

ただそれだけのことですが・・・、後は花を確認しなくては正体はつかめないようです。

P8044027j

ギボウシランでもないし花が終わるとこうなるのか・・可能性はあるかも。実はこの次に出て来るランにも同じ現象が見られているからです。普通のブログなら明日のことまで書けるわけないのですが、そこをいとも簡単にやってのけるのがこのブログの良い所?・・・自分にとってはだけど・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年8月 6日 (火)

ランランラン8

これも高い山からの帰り道で見た物で、時間的に遅くなったのであまり写真に時間をかけられなかった。花も開いていなかったなども有るのに同定するのも可笑しい話ですが取敢えず名前を付けて見ました。

急ぎ足でも見えるものは見えます。これは終わった所なのか?その割に上の方のものはまだ開いていない。

P8023931j

距が短い事と下の葉の様子からオオバノトンボソウ(ノヤマトンボ)ではないかと思いました。

P8023932j

こちらも距が短くて多分同じものだろうと思います。

P8023981j

写真で見ても茎に稜があるように見えますが翼までは確認していませんでした。

P8023977j

別名ノヤマトンボと言われるくらいだから生育地は野山なのだろう。丘陵地の林内と有るけどここは1000m近い標高の場所なので違うのかもしれません。確認に・・もなかなか難しい話ですが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年8月 5日 (月)

ランランラン7

死ぬ思いで登った高い山の頂上で目的のものは見つからず、帰り道で色々なものを見つけました。

道脇で何かないかなあと覗いた木の下にアリドオシランが見つかりました。

P8023904j

正面から撮った写真ですが、この花は何?と聞かれたらこたえられるでしょうか?

P8023988j

この方向からならすぐに分かります。

P8023991j

この程度なら分かるかな?

P8023993j

他の所では群生していました。こんなに一杯有ると嬉しくなってしまます。

P8023986j

ここよりもう少し下がるとツルアリドオシの花も一杯見られました。葉の詳細写真を撮るのを忘れてました。花を見ればすぐにでもわかるのですが葉ばかりでは殆ど分からず見過ごしてしまいます。これに限ったことでは無いのですが・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

より以前の記事一覧