2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

これまでのブログ

登山、山の花

2020年5月22日 (金)

大丈夫かなあ

大分前にシロバナノスミレサイシンを見ていたので再会できないかと行って見ました。途中に難所が有るのであまり何回も行きたくはないのですが見たい気持ちの方が勝ります。4月の25日にも様子を見に来ていましたが入口あたりのスミレはまだ小さくて蕾すら見せていませんでした。大分経ったからとそろそろ咲き始めているのでは・・・

ウワミズザクラが丁度見頃でした。下界では?もうとっくに終わっていました。良い感じかな・・

Dscf2278j

オオタチツボスミレも見られました。

P5162472j

あれ?ミヤマスミレももう咲いている・・

P5162477j

ルイヨウボタンもとうに見ていたし・・

P5162490j

花弁が細い感じなので取敢えず撮って見ました。

P5162494j

葉が一つなのでヒトツバテンナンショウ?と思ったけど葉が広く、仏炎苞の上にあるのでヒロハノテンナンショウでした。ヒロハノテンナンショウには葉が一つのものも有るのだそうです。

P5162504j

その内スミレサイシンの葉が出て来ましたが花の姿が見えません。まだ早かったのかと思いましたが茎元を見たらもう種が出来ていました。げ!遅かったのかあ・・さらに登って行ったら沢の縁に出ました。沢渡は数か所あることは分かっていましたが沢に下りる所が記憶に有るよりもかなり深い・・でも誰かが下りたような形跡もあるし・・対岸には道らしきものも見えるし・・台風の大雨の時に沢がえぐれてこうなったのかも・・などと考えて大きな石がごろごろしたところを渡って対岸に・・道だと思っていたところを登って見たら先が続いていない・・数か所チャレンジしたけど見つけられず泣く泣く諦めました。沢が流されて登山道も消えてしまったのか・・暫くはこのコースは使えないかも・・修復するにしても何時になることやら・・大丈夫かなあ・・と少し戻ったところで別方向から下りて来た方と出会いました。上の方から下りて来たとの事。ああ、なんだ、道を間違えていたようです。大丈夫かなあと心配すべきは私の方だったようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年12月31日 (火)

今年見た花たち10種

今年も多くの花たちを見る事が出来ました。その中から初めて見た10種だけを選んでみました。

アマナ
キバナノアマナとかホソバノアマナは山で時々見かけたりしましたが、この花は初めてでした。春早くに他の草たちが大きくなる前に一面に花を咲かせます。夏には他の草に埋もれて跡形も無しです。

P4244436j

ケヤマウツボ
全体的に毛が生えているのでヤマウツボと分けられているようです。広葉樹林の少し湿った山の斜面に有りました。初めての山だったので案内していただきました。

P5064737j

フタバアオイ
ウマノスズクサ科で属は違うけどカンアオイとは仲間で葉が2枚付くことでついた名前だそう。花の形が特殊で花弁はなく3つに分かれた萼片が裏側にめくれ上がったようになるようです。場所を聞いていながら探すのに3日かかりました。最終的には案内していただいたという何とも情けない・・・。

P5104853j

シロスミレ
去年は岩手の方まで足を延ばして見て来ましたが、県内にも有ったようです。1時期絶滅したと思われていたようですが案内していただいて見て来ました。

P6100376j

マメヅタラン
マメヅタでさえ本県では絶滅危惧種になっているくらいで、お隣の県まで行かなければ見る事が出来ません。案内をお願いして何とか見る事が出来ました。足がすくむような所でしたが見たい一心で・・・

Dsc_2160j

クサアジサイ
アジサイの仲間だけど草本で有る事からついた名前だそうです。本県が北限のようです。

Dsc_2838j

ヤマアジサイ
暗い谷間の沢の様な所に有りました。他のアジサイに比べて外片が小さめで白、葉も細めで小さい。福島以西とか関東以西とか、アジサイの変種で別種ではないとの見方もあるようです。

Dsc_2796j

ハクウンラン
実際見つけた時には、良く見つけられたものだと自分ながら感心しました。写真で見ると割と頑丈でアリドオシラン位の大きさのイメージでいました。吹けば飛ぶような感じでした。

P8013880j

クロヤツシロラン
これも当然のことながらお隣の県まで行かなければ見られないものです。本来はお隣の県でさえあることが考えられないものだったのですが温暖化のせいなのか北上している様なのです。小さいものに加えて目立たない色なので見つけられずにいるだけなのかもしれませんが・・

Pa011826j

オオミズトンボ
ミズトンボは以前裏磐梯で見せて頂いたことが有るのですが、この花は初めてでした。日当りの良い山の中の湿地に有りました。

Dscf1754j

今年は本当に色んな花との出会いが有りましたが、それは多くの方との出会いがあったからでした。本当に楽しい1年でした。来年もまたよろしくお願いいたします。有難うございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年9月 3日 (火)

ランランラン15

今年はもうランは終わりだと思っていたのですが、一緒に行って案内してくれるという方が現れまして、少し遅くなってからですが行って見ました。ナツエビネは山形市野草園でほとんど終わったような所を見た事が有りました。去年は偶然山の中で仕事をしていた方から場所を聞いて葉を確認していたのですが、他人の家の裏山だったので確認に行ったら当然のことながら植栽だと言う事でガックリしていたところでした。

上の方に未だ蕾が有り、咲始めの丁度見頃でした。

P8275094j

他にも2本花茎が立っていましたがカモシカにでも食われたのでは・・と言う事でした。このランは他のと比べて葉がバカでかい。花もそれなりに高く大きくて見ごたえがあります。

P8275098j

他のラン類は春から初夏ですがこのランはお盆過ぎから晩夏のようで、それでナツエビネと言うらしい。

P8275089j

暗い中で撮ったので少々のボケ、ブレは愛嬌としてお許しを・・

P8275103j

これでランは終わりだよね・・・またコケに戻ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年8月25日 (日)

ミミカキ三兄弟

山の中の湿地でついにムラサキミミカキグサと思われるものを見つけました。小さすぎて立ったままではとても目につきません。しゃがんでは周りを見渡し、しゃがんでは見渡し、炎天下の中で立ち眩みがしました。

小さな花が下の方に咲いていました。上の方のものはもう実になっているようです。実の形が耳かきのヘラのように見えるからついた名前だとか・・・確かに・・

P8184586j

大きくして見ました。撮る角度が悪かったのでヘビが口を開けたように見えそうです。唇弁が長いのですがそうは見えません。

P8184593j

この角度だと分かるかも・・ボケボケですが。

P8184596j

少し正面、斜め上から・・何とも不思議な・・

P8184631j

ムラサキミミカキグサがあるならミミカキグサもあるだろうと探したけど見つかりません。熱中症になりそうでたまらず諦めました。翌日別の湿地に行って見ました。また紫のミミカキグサが見つかりました。今度は立ったままでもわかりました。下に小さな葉のようなものが一杯見えましたがこの花のものなのか分かりません。

P8254932j

花は紫だけど前のものとは違う様です。帰ってから調べて見ました。前のものはムラサキミミカキグサ。この花はホザキノミミカキグサと言うのだそうです。

P8254938j

どういう風に写真を撮ればいいのか、全然形が分かりません。

P8254942j

ここの湿地で黄色いものを見つけました。やっとミミカキグサに会えました。

P8254955j

取敢えず葉のような物を撮っておこうとしたのですが左側の方に蕾らしきものが写っていました。

P8254957j

やっぱりよく観察をしないとどんな形なのかイメージできません。

P8254959j

ミミカキグサは黄色なので最初に目につくだろうと思っていましたが最後になってしまいました。最後になったおかげでホザキノミミカキグサに会えました。こんなツキもあるんですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年8月24日 (土)

ランランラン14

なかなか見つけられなかったミズトンボがやっと見つかりました。オオミズトンボよりは数が多いはずなのになぜか見つけられずに今日まで来てしまいました。今年最後のランになると思います。何年か前に他で見ていたはずなのにオオミズトンボとどう違うんだったっけ・・ネットで見て何とか思い出しました。

待ちくたびれたのか横になっていました。倒したのは私ではありません。風に揺れないので撮り易い。

P8254946j

これは倒れまでは行かないけど傾いて、方向修正しながら蛇行運転でした。オオミズトンボは皆真直ぐにしっかりと立っていたのに・・茎だってそんなに細い訳でもなさそうだけど・・・

P8254948j

 

P8254968j

未だ蕾のものも有りました。こちらの方が遅いのかもしれません。

P8254960j

蕾の形です。オオミズトンボと蕾の状態で区別がつくかな。

P8254962j

今年も随分ランを見る事が出来ました。でももう見納めかも。取敢えず思い浮かぶものは有りません。殆ど教えて頂いた方が多いのですけど見つけた時は本当にチドリかトンボかサギか・・・飛んでしまいそうです。

2019年8月23日 (金)

ランランラン13

永いこと見たいと思っていた花にやっと出会う事が出来ました。ミズトンボは福島県に行った時に教えて頂いて見る事が出来ていましたが、オオミズトンボは今回初めて見る事が出来ました。

すこし早かったようで、何とか開いているのを見つけました。

P8184576j

十字架をぶら下げた様な唇弁?と長ーくぶら下がった距。個性が強すぎ・・遠くからでも見分けがつきます。

P8184573j_20190824004101  

3日置いてからまた行って見ました。満開状態でした。

Dscf1756j

丁度見頃のようです。ツレサギソウも見事だったけどこれもまた見事です。

Dscf1754j

この日は暑い暑い日で日陰部分が無いし風が無いし、熱中症になりそうと思いながら写真を撮っていました。写真を撮るには風がなくて良かったのでしょうけど・・・結構ばてました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年8月22日 (木)

ランランラン12

可愛いランに出会う事が出来ました。野草園でしか見た事のない花でしたから嬉しかった。野草園ではもうとっくに終わっていたので咲いているとは思っても見ませんでした。

本当に不思議な花ですね。本当に白い鳥が飛んでいるように見えます。後に見えるのもそうですが左横の方にピンとお尻を曲げて・・いつも正面からしか見ていないので距が有るとは思っても見ませんでした。サギソウもやはりランでしたね。

P8184580j

♪2つ並んで咲いている・・♪

P8184583j

白飛びして・・・と日陰にして撮ったけど・・背景も暗くしないと駄目でした。ど素人!

P8184581j

こんな場所もまだ残っているんだと思うと嬉しい様な、もう数えるくらいしかないと思うと悲しい様な。手を入れずに残せるのか、手を入れて残すのか・・・盗掘などは論外ですが・・難しい問題です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年8月15日 (木)

ヤマホロシ

去年見ていた場所を忘れて2回も探し回るなんて・・私にしてみれば日常茶飯事かもしれませんが・・そのお陰で他の物も見つけられる・・ことも有る。他の人と色んな所に同行させてもらったりすることが有るんですが、皆さんこまめにメモをされているようです。何をどのように書いているのかは分かりませんが、その間私はボ~と見てるだけ・・チコちゃんに叱られてしまいそうです。この頃は必要な場所だけは漫画地図でメモするようにしています。以前は周囲の写真を撮っていたのですが、後で写真整理をしている時に、景色だけの写真なんてと捨ててしまう事が良く有りましたし、写真にしておかなければ現地で見ようもない。スマホがあればそれは可能かもしれませんが、電話できればいいだけの携帯ではそれも無理。矢張りスマホかなあ。

去年と同じところに同じように咲いていました。

Dsc_3024j

実も出来始めていました。

P8064171j

ヒヨドリジョウゴの様な濃い緑の真ん丸です。

Dsc_3029j

見かけ上ヒヨドリジョウゴとは蔓や葉に毛が無い事で見分けられるようです。

P8064177j

他のナス科のものとは蔓性であることとか花柄と実の付け根部分などの違いで見分けられるのだそうです。

P8064174j

最初は磐梯山で見たので高い山でなくては見れないものと思っていましたが、ここはそれ程の標高も無い所でした。最初見た時は緑の丸い実を見て、なあんだ、ヒヨドリジョウゴかと思ったのであまり場所を憶えようとしていなかったのだと思います。

P8064176j

県内でも数か所で見られていてそれ程稀有なものではないようですが絶滅危惧Ⅱ類になっているようです。
道脇なので草刈りに遭うのではと心配しましたが、草刈りの範囲からはずれている様なので一安心です。

 

 

 

 

 

2019年8月14日 (水)

ランランラン11

ミヤマモジズリを見に市内の山に登って来ました。猛暑と言うほどではなかったけど蒸し暑いせいか途中でオーバーヒート気味、休み休み登ったので何時もの倍以上の時間が掛かりました。お日様はないけど風も無い。汗をかいても乾かない。ひっきりなしにタオルで汗を拭いて蒸発を促す。時折吹く微風が心地よい。16年、18年にはこのころ咲いていたけど今年はどうなのか心配だったけど、咲いていたものも有って安心しました。

ネジバナのようだけどこれは捩れず片側にだけ花が付いています。

P8134460j

咲き初めのようでまだ下の方だけしか開いていませんでした。

P8134462j

去年よりは株数が増えているようですが若い株が多いようで蕾のものも多く見られました。

P8134465j

可愛い可愛い花でした。

P8134467j

今年も見れて良かった。1番最初に見つけた所のものが見えなかったので、見つけられたかと思いましたが未だ花茎を立ち上げない若い葉が2株ほど見られました。世代交代したのかもしれません。何時までもいつまでも咲き続けて欲しいと願うばかりです。苦労して登った甲斐が有りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年8月10日 (土)

クサアジサイ

クサアジサイもヤマアジサイ同様、関東地方以西となっていたり東北南部以西、宮城県以南となっていて希少な植物のようです。県内でも前から記録があり数年前に名前を知って探していましたが、何しろ見た事が無いのでどのような環境なのか、どれくらいの大きさなのか、花の時期は何時頃なのか全然分かりませんでした。
今回見つけられなければ少しでも可能性の高い福島県に行って探して見ようかとまで思っていました。
まずはヤマアジサイ同様沢沿いに有るのだろう、花の時期については南の方では9月頃の様でしたが、ヤマアジサイが終わった頃と言うヒントが有りました。先日山アジサイの終わったところを見ていたので、もしかしたらもう遅いのかも・・。それでも花がないよりは終わった花でも有ったほうが見つけやすいと思いました。
夕方まで探しても結局のところ見つけられず。何時ものように最後の最後に見つかるんだよなあと・・人生そんなに甘いもんじゃ・・・道脇の木に絡まった蔓が・・・次回のお楽しみ・・・久しぶりに見た花なので、まあ空振りでは無かったから何とか帰れそう。帰りは来た道ではなく廻って帰ろうと・・未だ諦めていない・・
途中で何となく雰囲気がある所が有ったので、川を挟んだ対岸を見ながら少し歩いて見ました。双眼鏡が有ったので覗いて見たら、ネットで見た写真のようなものが見えました。

数本でしたが咲いていました。中の両性花は終わって花弁が有りませんでした。

Dsc_2836j

装飾花も赤くなっているのも有りました。

Dsc_2838j

中の両性花部分が赤く見えるのは3つに割れた花柱部分が赤くなっているからのようです。

P8044130j

探したら両性花の先残りが何個か有りました。

P8044140j

クサということでもっと小さなものだと思っていましたが意外と大きなものでビックリ・・・・
一度覚えれば今度は探すのも簡単かも。同じ環境に生える(と思う)テンニンソウの葉には何回騙されたことか・・・今度は騙されないぞ・・・。花が咲いていればそんなことも無いんだけど。
今日は9回裏逆転満塁ホームランという気分で・・気を付けて帰りましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

より以前の記事一覧