2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

これまでのブログ

コケ類

2018年11月12日 (月)

エビゴケ

コケの中にはいろんな動物の名前が出てくるものが有ります。先日のクジャクゴケもそうですが今回のエビゴケもそうです。成程うまい名前を付けたものだと感心させられます。色々コケの名前をネットで探していた時に知って是非見たいものだと思っていましたがそうは簡単に見つかるものでもありませんでした。今年の夏の初めごろに福島のある渓谷に行った時に偶然にも出会う事が出来ました。

渓谷脇の岩の横面にびっしりと生えていました。

P6220310j

遠くから見ただけでは芝のような草が生えているとしか見えないような感じでしたから見逃していたかもしれません。

P6220312j

他のコケやシダ類が有るようだからと近づいて見ていたら・・・あ!エビちゃんだあと思わず小躍りしてしまいました。

P6220259j

少し大きくして見ました。確かに海老の様な感じです。

P6220258j

細く長く髭の様に伸びているものが見えたから分かり易かったけど下の写真ぐらいだったらエビとは思わなかったかもしれません。

P6220263j

上の写真を見ていて左側にあるコケが気になり始めました。今のところ何者なのか全然見当もつきません。再見したいと思っても探し出せるかどうかも分かりません。少なくともこの周りにも沢山の種類のコケが生えていそうです。来年また行って調べて見たいものです。



 




 




 




 





 



















2018年11月11日 (日)

クジャクゴケ

先日スミレを見てもらうために市内のある場所で待ち合わせをしました。約束の時間よりも早めについてしまったので少し周りを見て廻る事にしました。何回も見ているところなのでこれと言ったものも無いのですが・・・・
 
道脇に薄緑色のコケが見えました。普通ならあまり気にせずに通り過ぎていたかもしれませんが時間的に余裕が有ったので近づいて見ました。
 
Pb044735j
 
なんと、ずっと見たいと思っていたクジャクゴケでした。

Pb044733j
 
こんな形で会えるとは思ってもみませんでした。別の山に有ると
の情報で探していたのですが見つけられず半ばあきらめていました。

Pb044737j
 
綺麗に広げた羽と細い首を曲げて本当にクジャクの様です。

Pb044741j

少し頂いて来て写真を撮りましたが全体的にピントを合わせる事が出来ませんでした。
 
Pb044793j
 
スケールを入れて撮って見ました。全体的に2cm位、蒴部分も2cmぐらいでしょうか。

Pb044771j
 
少し小さめの様なのでもしかしてヒメクジャクゴケの可能性もと思いましたが蒴や蒴柄の色が赤褐色なので(ヒメは藁色との事)ヒメではなくクジャクゴケだと判断しました。

Pb044777j
 
蒴の正面から撮ろうとしたのですがどうしてもピントを合わせられずこんな感じで終わってしまいました。蒴歯が2重になっているのが分かりました。

Pb044781j
 
裏側からも見てみました。左右に広がっているのが側葉、中心に縦一列に並んでいるのが腹葉です。

Pb044789j

スミレの方はダメでしたがこれは思わぬ大収穫でした。スミレのことが無ければ・・・・待ち合わせ場所がここでなければ・・・早めに来なければ・・・すべての条件がそろわなければ・・・今年は本当についてるなあと思いました。

2018年10月 9日 (火)

泉ヶ岳でコケ見2

泉ヶ岳で遂にお宝発見!ここに有ったとは全然知りませんでした。他の物を探している内に偶然にも出会ってしまいました。径が2cmぐらいで葉の数が20枚以上ありそうなのでカサゴケモドキでしょう。

P9182761j

カサゴケモドキは珍しく、環境省では絶滅危惧Ⅱ類ですが県内では絶滅危惧Ⅰ類になっています。順調に目的のものが見つかっていたらこんな事は無かったかもしれません。再度挑戦して良かった。粘って粘ってネバーギブアップ!
































2018年10月 8日 (月)

泉ヶ岳でコケ見1

そもそも今回泉ヶ岳の登ったのはコケを見るためでした。前回探しあぐねたコオイゴケを見つけるためでした。偶然にも写っていたものなので場所など記録していないため見つけられませんでしたが今回また再チャレンジです。パッと見ですぐに存在が分かれば簡単なのですがあちこち何回も覗きながら探しました。しゃがみこんでいると手や顔どころではなくズボンの上からも遠慮なしに蚊に刺されます。シャッターを切る時に顔に来られると頭に来たり泣きたくなったり・・・・
 
でも何とか写真に撮れた時にはため息が出ました。

P9182811j

この仲間にも何種類かある様ですがこの形のものはこれしかない様で、細部まで調べなくても一応は種の特定は出来そうです。

P9182813j

腹側からも撮って見ましたがピントがあまりあっていないようです。白い仮根が所々に見えました。

P9182819j

葉が2枚のように見えますが一枚の葉が折り畳まって茎を抱くようについています。上が背片、下が腹片です。この角度から見ると分かり易いと思います。

P9182825j

全体的にはこんな感じです。数株からまっているようです。左上のものは全く別のものです。

P9182833j

スケールの目盛りは1目盛り1mmです。茎葉合せた幅で1mmちょっとぐらいでしょうか。茎の長さは約2cmですが3~7cmと書いてありますから途中で切れてしまったのかもしれません。
 
P9182831j

何はともあれ見つける事が出来て良かった。場所も今度はメモして来ましたから大丈夫でしょう。でも怪我の功名とでも言うのでしょうか他にもまたいろいろなものを見る事が出来たしお宝にも巡り合えました。






2018年9月26日 (水)

ちょっとわき道で

あまり天気が思わしくない時に義兄を病院に時連れて行きます。天気のいい日はもったいないので。何時もの様に病院の駐車場に車を止めて近くを見て歩いていました。マンションの仕切りに使っているコンクリート製の花壇の中にコケを見つけました。
 
先日見つけたハタケゴケに似ていました。なんだ、ここにも有ったのかと思いましたが思いカメラを持っていなかったので少し頂いて来ました。

P9042080j
 
先日のものは腹側に白い仮根が一杯見えましたがこれには見えません。葉状体の縁に透明なフリルのようなものが見えました。調べたらハタケゴケの仲間でウロコハタケゴケと言うもののようです。欧米原産の外来種なのだそうです。コケにも外来種が有るなんて・・・・欧米か・・・

P9042082j
 
同じ花壇に生えていたザクロソウです。ザクロソウは去年やっと見つけてあまり無いのかなと思っていたら結構あちこちで目につくようになってきました。今まで知らないので見ていても分からなかっただけかもしれません。むしろ今のところクルマバザクロソウを見ているのは2か所だけです。

P9042088j

1回知ることによって見つけることが簡単になるようです。いい例はワラビ採りでしょうか。写真で見て覚えたのと実際見て覚えた物では全然違います。論より証拠です。

2018年8月25日 (土)

コハタケゴケとハタケゴケ

エゾノタウコギを探している時に地表面一杯に広がっているコケに気づきました。珍しいものかなと見てみたら・・・

P8101507j
 
休耕田や稲刈り後の水が引けた後の土の上でよく見かけます。これ程の量を見たのは初めてです。

P8101510j
 
ハタケゴケを探しているのに目につくのはコハタケゴケが殆どです。時々イチョウウキゴケが見つかる事も有りますが。

P8101514j
 
これも同じだとは思うのですが、少し違うように見えるのは終盤近くなってきているからでしょうか。破けた所に黒い小さな塊が見えます。葉状体の中に有った胞子嚢だと思います。

P8101520j
 
一週間後にお墓参りに行った時のことですが、何かないかなあと通路脇の植え込みの下を見ていたらコケの姿を発見・・・・

P8171700j
 
これってハタケゴケ!?

P8171702j
 
ついに見つけました!やったあ!って結構大げさかも・・・・

P8171704j
 
同じ敷地の別の所にも有りました。

P8171708j
 
苦節うん十年ではないけど3年ぐらいは探し回っていたかもしれません。ネットで見て休耕田とか稲刈り後とかあちこち見たけど見つける事が出来ませんでした。でも結果的にはコハタケゴケ、イチョウウキゴケ、ウキゴケ、ミゾウキゴケ、おまけにツノゴケの仲間など他の物を見つける事が出来ました。

P8171710j
 
どうして見つけられず観察会の時にコケの先生に聞いてみました。答えは簡単でした。「庭にある」とのこと。えー?ほんとかなあ。我が家の庭には殆どコケらしいものはないし親戚の内の庭にはゼニゴケとヒメジャゴケぐらいだったし・・・かと言って他の家の庭にごめんなさいするわけにも行かないし・・・と思っていました。

P8171712j

これを見た時初めは葉状体の脇に白い毛が有るのでもしかしてまた珍しいものかと思いました。帰って来て調べたら葉状体の下には白い仮根が有ると書いてあったので納得、ハタケゴケで間違いなしだと思いました。絶滅危惧種のイチョウウキゴケやウキゴケの方が先に見つかって普通種のこれが見つからなかったって・・・神様の悪戯としか思えません。感謝感謝です。

2018年7月 8日 (日)

何とかカビゴケ

朝早くに着いたけど曇り空だし少し靄っている感じだったので10時ごろまで駐車場周りで遊んでいました。下草も濡れているだろうしここまで来て慌てる事もないだろうと・・・。登山靴ではなく長靴で取敢えず行って見ました。
前日まで雨が降っていたからか歩いている内に服がじめっとして来る感じでした。
前回行った時に不発に終わってしまったカビゴケ、再挑戦です。場所は前回行った時に見つけていたので探すのには苦労しませんでした。
 
カビゴケ・・・写すのが大変・・・葉をそのままにして撮ろうとすると動いてしまいとてもピント合わせが出来ません。

P6220328j

大株主のものを見つけました。
 
P6220341j
 
申し訳ないけど葉を外して下に置いて撮りました。何とか撮れたようです。

P6220336j
 
左の葉が一杯ついていたもので右側が少しだけのもの。少しだけだと殆ど肉眼では分かりません。

P6220343j
 
スケールを入れてみました。普通の巻き尺なので1目盛り1mmです。これで見ると長さが約2~2.5mm、幅が葉と茎を加えて広い所でも1mmぐらいでしょうか。

P6220345j

前回見れなかったのは時期的に早かったのか乾燥していたのか分かりません。今回は天候に恵まれて?何とか見れました。他にも色々見れましたので最後までお付き合いくだされば幸いと存じます。

2018年6月28日 (木)

観察会授業中

今回の観察会にはコケに詳しい方が居られたのでそちらのグループに混じって進む事にしました。やはりコケ見の脚は遅い。瞬く間に置いてけぼりにされてしまいました。頂上に着く頃には先発隊はもう昼食を終えていました。
 
ワラハナゴケ ハナゴケ科 地衣類 北海道~九州 登山道わきの傾斜地などに多い ウスニン酸を含む為淡黄色なのでワラと言う事かも。緑っぽくしか見えないけど・・・

Dsc_7652j  
 
コスギゴケ?写真を撮るのと話を聞くのと忙しくずれが生じてるかもしれません。

Dsc_7659j
 
トヤマシノブゴケ シノブゴケ科 シノブゴケ属 時々学名で言われるので分からなくなってしまいます。

Dsc_7660j  
 
フトリュウビゴケ イワダレゴケ科 リュウビゴケ属 北海道~九州  日陰の土上、岩上

Dsc_7662j
 
チャボスズゴケ シノブゴケ科 チャボスズゴケ属  これは初めて見るもの・・・・かもしれません。見ていても分からないままになっているのかも。

Dsc_7665j
 
クサゴケ ハイゴケ科 クサゴケ属  北海道、本州、四国  クサゴケで検索をかけたらクサボケの方が多かった。入力ミスも想定しての結果なのか・・・そこまでボケる事もないのに‥‥

Dsc_7669j
 
コセイタカスギゴケ スギゴケ科 ニワスギゴケ属  北海道~九州  山地の山道、切通しの法面などに群落を形成する。

Dsc_7670j
 
チャボホラゴケモドキ ツキヌキゴケ科 ツキヌキゴケ属  日本全土 低地の土手、裸地、倒木上  

Dsc_7671j

 
アオシッポゴケ シッポゴケ科 シッポゴケ属 本州~九州の山地の風通しのいい林縁や露頭を覆う腐植土上に生育する。

Dsc_7674j
 
イトウロコゴケ ツボミゴケ科 イトウロコゴケ属

Dsc_7685j

その他にもイクビゴケなども有りましたがとてもついていけなくて・・・。コケ用のカメラを持って行ったのに 有ろうことか、すぐに電池切れ・・・結局は一眼で撮るしかなく、暗い事も有ってボケボケ写真になってしまいました。それでもまた行って見る時の指針にはなるでしょう。新しいものも仕入れできたのでぜひまた行って見ましょう。

2018年6月 7日 (木)

ちょっと地衣類

地衣類に関しては殆ど分かりませんが少しづつため込んでいます。
 
今まで見ていたものよりは大きめのものです。白緑色の樹状です。

P5210833j

サンゴのようで可愛いです。木の先に実が生っているような感じです。

P5210837j

調べたところオオキゴケと言うものらしい。名は体をあらわす・・そのままでした。

P5210839j

ウメノキゴケのような物で葉の先に赤い爪のような物が付いていました。

P5210841j

ウスツメゴケかと思いましたがチヂレツメゴケの方ではないかと思います。葉状体の色が青みがかっている。葉状体の縁に小葉片が付いている、葉が縮れているなどから。
 
P5210840j
 
樹状のものは殆ど形からしか私には判断が出来ません。もっと見るべきところが有るのかもしれませんが今の所それしか分からないので・・・当分そのままでいくしかないようです。

2018年6月 6日 (水)

もうちょっとコケ類

カビゴケを見たいと思い葉の上を見て行きました。それらしいものが有ったので写して見ました。この中から探すのか・・・・月の表面を歩いて探すような感じです。
 
P5210771jj
 
これなのか?まだ小さすぎて分かりません。色も緑っぽくないし・・・乾燥してお休みしているのか?顕微鏡で覗いて見なくては分からないのか・・・・
今回問題はそれではなく、写真右側に見える黒い物体・・・くまもん・・・じゃなかった、クマムシではないかと・・・脚のような物が見えるし・・UFOを見たような話・・・・
 
P5210771j
 
ムチゴケのようですがスケールを持っていなかったので実際の寸法は分かりません。それほど苦労はせずに見つけたので小さいほう、コムチゴケではないと思います。

Dsc_6516j

葉の先端には3個の鋸歯が見えます。他の仲間のものにも同じようにあるみたいなのでこれだけでは分かりません。

P5210793j

腹葉を見たのですが殆ど枯れたのかどれも同じようなものが見られず判断が付きません。取敢えず大きさだけに頼ってムチゴケとしました。鞭のような物はあちこちから出ていました。

P5210801j

地衣類のウスツメゴケ?の傍に色んなコケが見られました。黄色っぽい花被?が見られました。名前が分かりません。

P5210841j

2種類のコケですがどちらも名前が分かりません。何方も初めて見るものです。

P5210841jj

何とも可愛いコケたちですが名前が分からないとどうしようも有りません。もっと勉強せねば・・・。

より以前の記事一覧