2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

これまでのブログ

植物

2020年7月11日 (土)

アイイタドリ?

ケイタドリを知って、5月の中頃に渓流の脇に有ったオオイタドリと思っていたものが気になり、写真を見直して見ました。

イタドリとの見分けは当然大きさですが、この時点ではまだ草丈は低くそれでは無理でした。

P5152314j

ただ葉が大きく見えたので測ってみました。葉身は長さ18cmありました。

P5152315j

幅は17cmでした。ほとんど円形に近いようです。と言いながらじつはイタドリのデータがありませんでした。もっと簡単な見分け方が有りました。葉の基部がイタドリは切形、オオイタドリは心形(ハート形)でした。でもそのことは後で知ったことで・・

P5152317j

他にも違いがあるはずと見ていました。葉の表面に毛が有りました。

P5152322j

葉の裏にも毛が有りました。

P5152320j

葉柄にも茎の筋状に隆起した部分(稜)にも毛が見られました。この時はそれがオオイタドリなのだと思っていました。

P5152324j

ケイタドリの存在を知り色々調べている内にケイタドリとオオイタドリの交雑種にアイイタドリがあることを知りました。エゾイタドリとかウラゲオオイタドリとかの別名があるようです。ただその他の情報が分かりません。葉の両面に毛が有る事、葉の基部が心形であることなどはオオイタドリと同じです。少し違うと感じるのは葉の形が円っこい事と表の葉脈が凹んでいることです。そしてオオイタドリの葉の裏が白い、粉白色であるというのとの比較です。表面に比べると確かに白っぽく見えますが粉白色ではありません。これはまだ若い時のもので大きくなれば変わるのかもしれません。一応県内でも確認されている様なので調べて見る必要があるようです。普段見ていたオオイタドリですが細かい所まで見ていませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2020年7月10日 (金)

ケイタドリ

観察会の下見の時に一緒に行った方がルーペでイタドリと思われるものの葉を見ていたので何かあるのかと聞いてみました。イタドリの仲間に毛が有るケイタドリと言うものがあるとの事でした。結果は毛が有ったのでケイタドリとの事でした。

7月の初めごろに他のものを探しに行った時にイタドリの葉を見つけました。

P7050219j

普通のイタドリと何か違うような感じがしました。何処がと言われると・・何となくとしか・・

P7050217j

葉を見てみると葉柄や葉表の葉脈上に白い短い毛が生えていました。

P7050215j

葉の裏は表に比べると少し白っぽい感じです。やはり葉脈上に毛が生えていました。葉の裏に毛が有るという表現ですが、生えているのは平面部分ではなくあくまでも葉脈上です。葉脈、支脈さらに網の目のようになったところまで有りました。

P7050226j

茎は無毛と書かれていましたが、茎にも筋状に隆起しているところには毛が見られました。

P7050221j 

触った感じが硬そうだったので枝部分を折って見ました。ポキッと折れました。他でイタドリの枝を折ったけどぐにゃっと潰れて曲がっただけでした。他でもやって見た訳では無いのでそのことが見分けになるのかは今のところ分かりません。

P7050230j

最初のころはイタドリと言う名前しか知りませんでした。イタドリは山菜として利用していたし、川釣りの時の餌としても中にいる虫を使ったりして割と身近にいた物でした。その内自分のせいより大きくなったものを見てそれがオオイタドリだという事を知りました。登山をするようになってからオノエイタドリも知りました。今回でもう1つ知る事が出来ました。何時、何がきっかけとなるか分かりませんね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2020年7月 9日 (木)

ツルヨシ

去年見ないで終わったしまったカワラハハコが気にかかり、他の観察の帰り道、夕方だったけど寄って見る事にしました。大雨、大水が何回かあったからか以前と様子が一変していました。目的のカワラハハコも流されてしまったのか見つけることが出来ませんでした。

河原の途中に、色々草たちが生えている中になにも生えていない部分が有りました。紫色の根の様な、茎の様な・・徒長枝なのか・・(匍匐枝だそうです)が縦横無尽に伸びていました。うっかりとよそ見しながら歩いていると足をとられて転んでしまいます。本当に迷惑な・・

P7050252j

この辺のものは芽が大きくなり始めています。

P7050254j

小さなタケノコの様な・・以前海辺でこのような物をとって来て皮をむいてタケノコのようにして食べてみた事が有りましたが筋が硬くていがらっぽくて食べられたものではありませんでした。

P7050257j 

地面についたところには根がついていました。

P7050259j 

先の方がむしろ太い感じです。途中で切れたかどうかまでは確認していませんでしたが、砂地で割と簡単に抜けたので切れていないとは思いますが・・

P7050260j

節ごとに茎を立ち上げています。田圃に植えられた稲のように一定間隔をとり整然と並んでいるように見えます。これもこの植物の知恵なんでしょうか。

P7050262j 

よく似たオギやススキとの見分けは葉の葉脈が白くはっきりと見えない事だそうです。そしてヨシとの見分けは葉鞘の上部が紫がかることと葉耳が無い(目立たない)との事です。そして節に毛が有るのも違いなのだそうですが・・節って何処に有るの?この白く長く伸びているものでは無いようです。これはヨシにも見られ、何れ脱落するのだそうです。葉鞘には屈毛が見られました。

P7050268j

葉舌は短い毛が一杯並んでいるもののようです。葉の縁には鋸歯があり葉の表面には毛が見られません。

P7050270j

葉の裏には白い毛が疎らに見えました。葉の主脈が裏にはしっかりと見えています。

P7050271j

葉耳は発達せず殆ど見られませんでした。

P7050273j

節及び節の毛については葉鞘を外した時に確認しておくべきでした。葉鞘の方が気になっていたため見逃してしまいました。1回で全て見尽くすのは至難の業ですね。花も咲いていなかったし無理な話でした。取敢えずこれでヨシとしましょうか。(ヨシではなくツルヨシでしたが・・・)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2020年6月 6日 (土)

サッポロスゲ

道端の草を引き抜いていたので又ちょっとお邪魔を・・。「それは何なの?」「サッポロスゲ」東北の地でサッポロ・・?札幌で発見されたからついた名前だそうですが・・何となく憧れてしまいます・・けど・・
現実は厳しい!どこがどうで札幌なのか・・さっぱろ(り)わからない・・

相変わらず見にくい写真です。

P5242868j

雄性小穂が隠れてしまいました。

P5242869j

雌性小穂です。花の時期が過ぎてしまったようです。雌しべの先が少しだけ残っているのも有りましたが、殆ど分かりません。

P5242871j

雄性小穂です。向きまであちこちになってすみません。こちらも花の時期は過ぎて面白みがない・・。花の時期は結構派手?の様です。

P5242874j

見分けのポイントは?・・鞘のこの半透明なフリルの様な(なんていうのだろう、聞くのを忘れてしまいました)ものらしいのですが・・カヤツリグサ入門の図鑑を見たけど載っていませんでした。

P5242876j

スゲ類専門の図鑑でなくてはダメなのかもしれません。と言う事で入門すらできませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2020年6月 4日 (木)

ミチノクホンモンジスゲ

ホンモンジと聞くとホンモンジゴケと言うのも有ったなと思います。東京の池上本門寺で最初に見つけられたから(どちらも)付いた名前のようです。カヤツリグサ科の中のスゲ属が多くを占めているようですがその中に有るホンモンジスゲ類もまた種類が多く、また多くの説があって確立していないのだとか・・。

何か敷いて撮ればいいんでしょうけど、俄か仕立てで(何も仕立てていないけど)全然分かりませんね。

P5242843j

全く素人的な話で申し訳ありません。茎の脇に小穂が数個付き、一番上に雄性の小穂が(種類によって1~数個まで)途中に雌性の小穂がまた(種類によって)数個つくようです。

P5242845j

小穂の形から覚えるのも容易ではないのに葉の形や基部の様子などに寄っても、果ては根までも見んければならないみたいで・・

P5242847j

実の形や鱗片の様子に寄っても分けられるようです。ネットでですが色んな説明文を読んでいて茎の形触れていない・・何故だろう?茎の形によって分類することは出来ない?・・考えてみたら、カヤツリグサ科の殆どが三角形だからみたい・・小学生でも知ってるよね。まあその程度です。

P5242849j

自分の為のメモ帳ですから・・悪しからず。(葦刈らず)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2020年6月 3日 (水)

タヌキランとナルコスゲと雑種?

来月行われる観察会の為の下見の予行練習として同じメンバーの方と市内の山に行って見ました。出だしからあれやこれやと見始めてなかなか進みません。まあ山歩きが目的ではないのでそれはそれで良いのですけど、この調子で行ったら目的地に時間まで着くのかと心配でした。その内だんだんスピードが上がり1時間オーバーながらなんとか到着。昼食をとって帰路に・・細い登りの道の先で何やら写真を撮っているおじさんが・・。その内撮り終えて下りて来ました。マスクをしているので最初は分かりませんでしたが(こちらもマスクをしていたのでお互いに気づかなかった)「あ!**さんだ」同じメンバーの人でした。なんというタイミングでしょう。その方はスゲ類に詳しい方で帰り道に色々教えて頂きましたので、暫くスゲ類の話です。

タヌキランは前回書いているので・・と言いつつ、ナルコスゲも写真を撮っていませんでした。問題はこのスゲです。タヌキランに比べて頼りないし、ナルコスゲに比べてバサバサで太めです。

P5242812j

葉の感じです。どこがどう違うのか、私には全然分かりません。

P5242816j

取敢えず根元も・・

P5242818j

3種とも同じところに生えていたので並べてもらいました。左がタヌキラン。中が雑種?で右がナルコスゲだそうです。(タヌキランの雄性小穂が折れてしまい見えません)

P5242831j

せっかくの日曜日、のんびりと観察をしようと来たのに悪い奴につかまっちまったなあ・・じゃないかな?

スゲが分かる人ってすげー・・。しばらく続きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2020年3月30日 (月)

不思議な生物?

3月21日に県北の山に行った時に見たものですが、市内の山で3月6日に見たものと(モジゴケの仲間?としていた)似ていますが違うもののようにも思えます。何れ正体不明のものです。動物なのか植物なのか?

先日と同じようなものに見えるのですが、先日のものは木の皮の外部に有りましたが、これは中に有るようです。

P3215264j

先日のものは木の皮に少し埋まるようについていましたが、これは基物から少し浮いた状態のように見えます。

P3215266j

所々に褐色の所が見られそこが始まりの様な、根のような感じにも受け取れます。

P3215267j

穴の開いたところは枝が有った部分でしょうか。そこが起点なのか?先日のものも枝の基部が起点になっていたような気もしましたが。触ってみませんでしたが褐色部分は中空のようです。

P3215269j

黒い部分は中実のようです。(あとで写真が有ります)

P3215271j

ここが総本山のように見えます。周りにあるごろごろとした塊は何でしょう。他の部分は綺麗でしたがこのような部分には塊が・・まるで動物のうんちの様な・・

P3215273j

引っ張ったら腐った木の方が負けてしまったようです。

P3215275j

所々に棘の様な枝の様な・・・

P3215277j

黒い部分は硬くてパキンと折れました。大きくして見ると・・

P3215279j

黒い皮?の中には繊維質のようなものが詰まっていました。動物ではなく植物だろうとは思いますが・・

P3215279jj

ここはまた同じように褐色の根と思われるものが集まっていて塊のようなものが見えます。

P3215281j

上を向いていましたが、多分木についていた方だと思うのですが・・中空になっています。これだけ中空だと水分を吸い上げるという役目も果たさないでしょうし・・

P3215283j

蔓性植物とするにも合点がいかない。そもそも木の皮の内側に有ったのか?見まわしたところでは皮の外部には出ていない様なので光合成とかしないだろうから葉も無い、寄生植物と言う事になるだろうけど・・ネナシカズラにしてもこのような生体ではないはずだし、どなたか知ってなり、見た事がある方教えて頂ければ有難いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年11月 5日 (火)

緑のバラ

イヌセンブリを見に行った湿地で見つけました。

緑のバラの花のようです。新緑の時ならもっと綺麗だったのかな?

Pa314102j

♪ば~らが咲いた~♪ば~らが咲いた~♪咲いたみどりのば~ら~が~♪

Pa314106j

どうやら虫こぶのようです。新芽の時にタマバエが寄生したことにより枝は伸びずに葉だけが成長してこんな形になったものと思います。

Pa314104j

ヤナギシントメタマバエと言うのだそうでそのまんまの名前ですね。

Pa314101j

そして出来たこの花の名前がヤナギシントメハナガタフシと言うのだそうです。そして柳のバラともよばれるのだとか。

Pa314108j

感じからヤナギだとは思いましたが種名が分かりませんでした。この柳のバラのお陰ですぐにたどり着けました。

 Pa314107j

イヌコリヤナギ ヤナギ科 ヤナギ属  北海道~九州に分布する落葉低木 雌雄異株 花期は3月頃
柳行李の材にするコウリヤナギに似ていて材にはならないからイヌが付いた

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年10月15日 (火)

時々単子葉2

昨日のヤマイから少し下った湿地に何かないかと行って見ました。紫色の花を付けたイネ科と思われる植物が有りました。以前もどこかで見ていた様な・・名前は調べていませんでした。

池の周りの湿地のような所に一杯咲いていました。

P9015445j

咲いていたと言っても小さいので他の花のように遠くからでは分かりません。近づいて見たら意外と可愛い。

P9015441j

一本だけ引き抜いて見ました。約30cmでした。

P9015447j

白い紙の上だとどうしても暗く写るようですが他に方法も知らないし・・・

P9015449j

花序柄、小花柄が細くてうねっています。小花柄の途中に黄緑色の部分が有ります。

P9015443j

上手くピントが合っていませんでした。そして肝心な葉鞘の写真を撮っていませんでした。

P9015452j

チゴザサ イネ科 チゴザサ属 北海道西南部~沖縄の水辺、水辺の縁、あぜ道などに生える。花期は6~8月

葉の周りの写真が無いので確定とは言えないが、小花柄の小穂の少し下に黄色の腺点がある事が特徴の様なのでチゴザサだと判断しました。他にはハイチゴザサ、ニコゲヌカキビなどが似ているもののようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年10月14日 (月)

時々単子葉1

9月の初めにアイナエを見に行った時のことですが、ここは公園になっていて芝生の中に埋もれるようにしてアイナエが咲いていました。時々ここでキャッチボールとかサッカーの練習などもしていることも有って、困ったものだと思っていましたが、もっと困ったことになっているようです。

名前の分からない単子葉植物が去年よりも幅を広げていました。

P9015420j

イネ科?カヤツリグサ科?と思っていましたが見た感じでは細い円い茎が伸びてイグサ科のように見えました。簡単に見つかると思ったのですがなかなかたどり着けませんでした。やっぱりカヤツリグサ科か・・

P9015423j

茎頂に小穂が1個だけと言うものは限られている様なのである程度絞り込めました。ネットで他の人のブログを見てヤマイと言うものが似ていると思いました。ただヤマイには茎頂に小穂が1個だけ着き基部には1個の苞葉が有ると書いて有りました。写真を見ても無いようだし・・・違うのかな?

P9015425j

写真をもう少し大きくして古く無さそうなものを見てみました。苞葉が付いているのが分かりました。ブログには小穂より長い苞葉が有ると書かれているのも有ったので別のものも有るのかなと思いましたが見つけられませんでした。

P9015423jj

約35cm有りました。

P9015426j

根とか葉についてはあまり詳しく見ていませんでした。

P9015428j

写真を撮っておいただけです。取敢えず小穂の形などからヤマイにたどり着けたので予備資料と言う事で見ないで終わりにしました。

P9015431j

ヤマイ、サンカクイ、ホタルイ、カンガレイなどはイがつくけどカヤツリグサ科でイグサ科の方にはイのつくものが少ないようです。因みにフトイはカヤツリグサ科でホソイはイグサ科・・面白いですね。