2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

これまでのブログ

シダ類

2019年3月 2日 (土)

トウゲシバ3種

オオカサゴケを探していた時に見つけた物ですが、何時もはトウゲシバかと言って見送って来ていましたが、今回は3種類のものを見つけたので載せてみました。ホソバトウゲシバ、ヒロハノトウゲシバ、オニトウゲシバでそれぞれ葉の幅が、2mm以下、2~3mm、3~5mmなのだそうですが、一括してトウゲシバで呼ぶことも有るのだとか。
 
全国的に多く見られているものがこのホソバトウゲシバなのだそうですが、私的には多分初めてかも知れません。

P2261978j
 
見るからに細くて本当にホソバだと思いました。黄色っぽい胞子嚢をつけていました。

P2261979j
 
思わずスケールをあててみました。1.5mmぐらいでしょう。ホソバトウゲシバで良いでしょう。

P2261981j
 
私的には多く見ているのはこのタイプだと思っていました。

P2231699j
 
暖地に多いのだそうです。3mmぐらいなのでヒロハノトウゲシバでしょう。

P2231701j

近くに有った小さなものですが葉の幅が広く見えたので計ってみました。

P2231698j

4mmぐらいなのでオニトウゲシバ?と思いましたが、その他に葉柄があるという条件があるみたいです。写真からははっきりと葉柄と分かるものは無さそうなので、もしかしたらまだ若い株なので広いのかもしれません。丈が伸びるにつれて葉も伸び、幅が痩せて来る?子供の頃は丸々だったのが大人になってスタイルが良くなった・・・みたいな・・・いずれも同じ成長過程時期が違うので比較するには良くなかったかもしれません。

P2231696j

コケを探していると花を探している時と目線が違ってくるのでしょう。探す場所も違ってくるからかも知れませんが今までになかったものが見えたりして来るようです。

2019年2月 6日 (水)

ずっコケその3

1月の中頃、チャボスギゴケを初めて見た時のことですが、同じところでコケらしきものも見つけていましたが、名前が分からずそのままにしていたものが有りました。
 
シダの芽らしいものと一緒にコケらしいものも生えているようです。

P1145613j

別の所にも同じようなものが有りました。葉の縁に毛の様なものが見えます。

P1145655j

ケゼニゴケかなと思いましたが葉の表面にはそれらしいものは見られません。まだ若い株だからかなと思いました。

P1145643j

葉状体の裏の方に蒴のようなものが見えました。それには毛の様なものが見えました。

P1145619j
 
周りを探して見たらこんなものが見つかりました。蒴が伸びだしてきている・・・?
この日はここまでで終えました。帰って図鑑などで調べたけどそれらしいものは見つけられませんでした。コケに詳しい人に聞いてみました。これってコケなの?と言われましたが、これという答えは帰って来ませんでした。

P1145661j
 
ここからは今回の話です。最初は前に見たあたりを探してもそのコケらしいものの姿を確認できませんでした。あれー、長い事雨が降らなかったから枯れてしまったかな?それでも見回っていたらこんなものを見つけました。前に見た物(上の写真)のように見えるけど
・・・

P2070747j

ひっくり返して見ました。葉状体の裏側から立ち上がっているようです。白い根が一杯ついて太い長い根も下にしっかりと伸びていました。コケじゃなかったんだ・・・

P2070800j

こんなものも見つかりました。何だ、シダだったのか・・・

P2070755j
 
結局のところ成長するとこうなるんですね。イワトラノオと言うものでしょう。

P2070757j
 
傍にはこんなものまで有ったけど名前までは分かりません。

P2070763j

イワトラノオについては前に書いているかもしれません。取敢えずここでは書かないでおきましょう。
 
代りにと言っては何ですがシダについて少し勉強してみましょう。
 
私たちが普通シダと呼んでいるものはシダの胞子体(胞子をつくる体)で、胞子体の葉の裏側の胞子嚢で減数分裂が行われ、胞子がつくられます。(無性生殖)発芽した胞子は配偶体(造卵器、造精器を持ち前葉体とも呼ばれる)になります。(コケだと思っていたもの)前葉体には造卵器、造精器が裏側に出来、精子が泳いで行って卵と受精し、受精卵となります。(有性生殖)前葉体についたままで成長し、小さな胞子体となります。(シダの若芽)胞子体が成長すると前葉体は朽ちてなくなります。前葉体についていた白い根は仮根だそうです。何れ前葉体は消えてしまうので取敢えずの根と言う事でしょう)
 
結局今回はコケは出て来ませんでした。ブログの分類もコケではなくシダ類にすることになりました。今回は大ずっコケでした。

















 























2019年1月 3日 (木)

トウゴクシダ?

引き続き同じところで見たシダです。調べたのですがなかなか見つけられず、ふと気づいたらもしやベニシダ?と思い焦った。殆どが同じだったから。先日のベニシダと違う所と言ったら、先日のものの近くに赤い若い芽が有ったことぐらいでしょうか。葉の先がベニシダは徐々には細くなり、トウゴクシダは急に細くなり短い尾状になる事が多いとのことから違うのかもしれない。
 
トウゴクシダ オシダ科 オシダ属 本州~九州の平地~山地に生える常緑シダ 根茎は斜上し塊状 葉柄の基部に線状披針形、黒褐色の鱗片がつく 葉身は広卵形の2回羽状複葉 先端は急に狭まり短い尾状になる 最下羽片の後側第1小羽片は第2小羽片より短いか同長で殆ど無柄で中裂~深裂 羽軸裏に基部が袋状の鱗片が密につく 羽片は中軸に対し直角に近い角度でつく ソーラスは小羽片の中肋と辺縁の中間につく
 
葉は緑色、先端は次第に細くとも急に細くとも見える。最下部の後側第1小羽片は第2小羽片より短いようです。

Pa314384j
 
裏側にはソーラスが見えませんでした。

Pa314386j
 
小羽片の縁には鋭い鋸歯が
見えます。このことは説明に有りませんでした。

Pa314389j
 
羽軸裏に基部が袋状の鱗片が密についているのが分かります。葉柄の基部の写真が無いのでその鱗片の様子が分かりません。葉柄の色についても記述が無いのでこの辺も変化が見られるのかもしれません。

Pa314390j
 
ソーラスを付けているものの写真が一緒に有りました。同じものかどうか分かりませんが見た感じ同じものだと思います。

Pa314392j
 
羽軸に基部が袋状の鱗片が見えますが密とは言えない感じですが落ちてしまったのかもしれません。ソーラスの方も小さくなっているようです。

Pa314397j

小羽片は基部の後側の羽軸に流れるように付き、下部の小羽片には短い柄がある。
トウゴクは東国で東北地方を意味するのかと思ったら愛知県の東谷山で見つかったからなのだそうです。そして東国は関東地方の事なのだそうで間違って憶えていました。トウゴクサバノオとかトウゴクミツバツツジとか・・・・。





















2019年1月 2日 (水)

ヤマイタチシダ?

去年の10月末に海の近くの山に行った時に道脇で見たシダ類です。海とは直接的に関係は無いと思いますが、崖地が多いのはコケ、シダ類にとっては魅力の場所かもしれません。
 
見た感じから緑が濃くて厚ぼったい様な・・・葉の表面に艶があるようなない様な・・最下部の羽片の下の第一片が長いというのが特徴なのでしょう。

Pa314378j
 
葉柄の鱗片が淡褐色で広披針形、黒色のものも混じって密生?しているようです。

Pa314381j
 
葉の裏は白っぽく中軸に袋状の鱗片が密生しています。残念ながらソーラスは見えませんでした。まだ若いからだと思います。

Pa314382j
 
袋状の鱗片の様子を大きくして見ました。裂片の縁が裏に巻いています。厚ぼったく見えるのはそのせいでしょう。

Pa314382jj

ヤマイタチシダ(イヌイワイタチシダ) オシダ科 オシダ属 北海道~九州の山地の林縁に生える常緑性のシダ。根茎は短く斜上 葉柄基部に広披針形で淡褐色~黒色の鱗片がつく 葉身は2回羽状浅裂~全裂で先端は次第に細長くなる 最下羽片の後側第1小羽片は大きく無柄で、小羽片は僅かに裏側に巻く 羽片先端の辺縁は全縁 羽軸裏側の鱗片は袋状 ソーラスはやや大型で小羽片の中肋と辺縁の中間につく。
イワイタチシダとモトイタチシダの無融合生殖種で雑種ではないのだとか。
もう少し成熟してソーラスも見られれば確実性が増すでしょう。また会える日まで・・・。





















2019年1月 1日 (火)

クサソテツ

新年あけましておめでとうございます。今年もまた山野を駆け巡ります。シダやコケや花々、小さな虫から大きな動物まで生きとし生けるもの写真に撮って見たいと思っています。ハードデスクが壊れて何もないと思っていたら今年の7月後半に撮ったものがカメラの中に残っていました。取敢えずはその辺から始めましょう。
 
山道脇に生えていたものですが何者か分からずに取敢えず撮っていました。どうやらクサソテツ・・・山菜として採っていたコゴミの大きくなったものらしい。常々ワラビやゼンマイなどの大きくなったものをもっと見ておかなくてはと思っていたところでした。モミジガサもシドケとして毎年食べていたけど野草園で見た時に、花が咲くんだと、妙に感心したりして・・・・
オオバショリマと言うものにも似ているのだそうですが県内の記録によれば高い山に有るようで・・・・ここはそれほど高い所ではないので違うでしょう。

Dsc_0150j
 
これは別の所で見た物ですが、この時はイヌガンソクの胞子葉だと思っていました。調べて見るとクサソテツの別名ガンソクと言うのが有り似た様な胞子葉でした。今迄コゴミ採りをしていてその存在に気づきませんでした。もしかしたら胞子葉が出るのはもっと後になってから出るのかもしれません。ゼンマイであれば同じ株に一緒に出ていて、オトコゼンマイとかオンナゼンマイとか言って見分けて採っていました。その辺については来春確認してみましょう。

Dsc_0151j  
  
クサソテツ 北海道~九州の河川敷や山麓の湿地に生えている 葉は2形で、栄養葉は葉身は倒卵状披針形の2回羽状深裂、艶の無い鮮緑色 葉柄は赤褐色~黒色 下部の羽片は次第に短くなる 胞子葉は栄養葉より短く、羽片の辺縁は羽状に浅裂、裏に巻いてソーラスを包み込む



















































2018年12月29日 (土)

今年見つけたシダ5種

今年もそろそろ終わりに近くなって来ましたが、ブログの方が追い付かなくなってきました。と言う事で途中飛ばして日にちを合わせる事にしました。
今年新しく見つけたシダ類の内の5種です。
 
先日写真整理をしていて見つけた物です。県の絶滅危惧Ⅱ類になっているものでした。

Dsc_8042j

クモノスシダは以前から名前が面白いと思って見たいと思っていたものでしたがやっと見つける事が出来ました。

Dsc_9655j

ナガホノナツノハナワラビです。ナツノハナワラビは簡単に見る事が出来ましたがこれにはなかなか出会う事が出来ませんでした。偶然でも出会えたことはこの上ない幸せでした。

P8101521j

ウチワゴケは福島の渓谷ではたくさん見られましたが、県内ではあまり見られていないのかも。小さなもので探すのは難しい。

P4280408j

コケシノブは県内では記録が有りません。これは青森県に行った時に見た物です。

P4260249j

その他にも初めて見た物は沢山有りましたが取敢えず5種に絞って見ました。来年もまた頑張って探して見ましょう。




















2018年12月16日 (日)

ワラビ

山菜でおなじみのワラビですが取り立てて記事にするまでも無いと思う所ですが、ワラビの葉ってどんな形をしていたっけ?下手でもいいから絵にしてみてって言われても全然描けません。でも現物を見ると、ああワラビだなって・・・。
と言う事で、何故かしら写真を撮っていたようで、有りましたねえ。
 
と言う事ですがまともな写真じゃあないですね。ワラビだよ、撮ったよ、みたいな。

Dsc_8027j
 
1本引き抜いて撮れば良かったんでしょうけど、かなり手抜きです。

Dsc_8028j

葉の詳細を撮ろうとしたら小さな可愛いクモが・・・デーニッツハエトリと言うクモのオスだそうです。
 
Dsc_8033j
 
変化が多くて、これがワラビの葉だと言えない・・・それがワラビの葉と言う事になるでしょうか。

Dsc_8037j
 
葉の裏にソーラスが・・・・あれ?ない!え?2型だっけ・・・・良く見ると

Dsc_8030j
 
小羽片の縁に白いものが見えます。内側に巻いた縁についているようです。

Dsc_8030jj

食べるころのワラビは必死になって(でもないか)探すけどこうなってしまうと目もくれず・・・・あ、でも翌年の為にこういう場所を憶えて置くと探し回らなくても・・・・あ、内緒だった・・・・。
 
ワラビ コバノイシカグマ科 ワラビ属 北海道~九州の丘陵地の草原や道端に生える夏緑性のシダ 地中の長く伸びた地下茎から葉を出す 葉は3回羽状複葉で小葉には艶が無く、全体に黄緑色でやや硬い。ソーラスは葉縁に沿う。裂片の縁はわずかかに内側に巻く。

2018年12月15日 (土)

コモチシダ

色々調べている内に去年撮った写真の中にちょっと変わったものを見つけました。どう見ても南国系だなと思いました。調べて見たらなんと県のVU(絶滅危惧Ⅱ類)になっていました。
 
この時もシダ目的ではなかったので取敢えず写真は撮ったもののそのままになっていました。

Dsc_8042j
 
ある程度の知識が有れば稀有なものとすぐに調べたでしょうけど、この時点ではシダは全てが初めてのものだし草花優先でしたから今になってしまいました。

Dsc_8045j
 
羽軸に沿って長楕円形のソーラスが付いているのが表面からも分かります。ただこの感じ、どこかでも見ていた様な・・・・思い出せないけど・・・

Dsc_8046j
 
これはソーラスが破れて飛び出した痕?ソーラスは裏側についているはずだけど・・・そう言えば裏側の写真を撮っていませんでした。

Dsc_8047j  
 
コモチシダ シシガシラ科 コモチシダ属 宮城県以西~九州の海岸近く向陽の山麓から山地の林縁斜面に生える。 葉柄基部の鱗片は披針形の淡褐色~褐色 葉身は広卵形の1回羽状複葉 大きな葉では羽片表面に無性芽を付ける事が有る。ソーラスは長楕円状で羽軸や裂片の中肋沿いに付く。

場所もあやふやだし来年また行って探して見ましょう。今度はもっといい写真が撮れるように・・・・。






















2018年12月14日 (金)

ホソバナライシダ?

同じところで見たシダの2つ目です。特徴らしい特徴は見つけられませんでしたが、全体的な形と羽片などの形からの想定です。
 
ワラビじゃないの?と言いたくなるところですが写真を撮って来たということは違う何かを感じたんでしょうね。(通常は5角形に見えるのだそうですが風に煽られて下の方の形が崩れてしまったようです。)

Dsc_5192j

近くに行ってみれば違う事が分かります。と言いながらワラビの葉がどんな形なのか覚えていませんけど。

Dsc_5197j
 
中軸や羽軸まで褐色の鱗片が付いているのが分かります。これも特徴の内かな?

Dsc_5198j
 
ソーラスが見えないと思ったら、写真を大きくして見たら白いものが見えました。ソーラスの出来始めなのか落ちた痕なのか?

Dsc_5198jj
 
葉柄には褐色の鱗片が密生している・・・・ように見えます。(ピントが合っていませんが雰囲気だけでも・・・)

Dsc_5205j
 
続いて撮っていたものですが同じものなのかどうか記憶に有りませんが取敢えず一緒に載せておきます。

Dsc_5206j

ホソバナライシダ オシダ科 ナライシダ属 北海道~九州の低山~山地の林床っや林縁に生える夏緑性のシダ 根茎は長く横走し、疎らに鱗片を付ける。葉柄は藁色か一部赤褐色を帯びる程度で半透明~淡褐色の膜質の鱗片を密につける。長さは葉身とほぼ同長。葉身は5角形状、4回羽状中裂~全裂し、鋭頭、基部は切形。葉面は表裏とも単細胞の尖った毛を付ける。中軸の鱗片は淡褐色で広披針形、全縁。小羽軸裏面の鱗片は多く、卵形~狭卵形、袋状に膨らむ。小羽軸表面は無毛か少しある程度。小羽片は3角状で鋭尖頭、2次小羽片の裂片は深裂で鋸歯がある。ソーラスは裂片の切れ込み近くに付き葉脈に背生する。包膜は腎
形で無毛、径1mm以下
 
写真からは推し量れない所も有り再度観察が必要と思われます。極普通に見られるものでしょうから他でもまた出会えるでしょう。















2018年12月13日 (木)

イヌワラビ?

ここでも数種類のシダを見つけたのですがいずれも初めて見るもので名前が分かりません。分からないまま放置状態でいたのでこの際にと言う事で調べて見ました。今のところ写真だけでの同定になりますがまともな写真ならいざ知らず・・・・。
ともかく始めなければ何事も始まりませんので。
 
道脇の斜面に生えていました。結構特徴のある葉だと思いました。

Dsc_5181j
 
中軸や羽軸の途中まで、中肋の途中までも暗紫色になっていて葉に斑が入ったように見えました。羽片が弧状になっているのも特徴かなと思いましたがもしかしたら斜面に生えていたために垂れていただけかもしれません。

Dsc_5183j
 
裏側にはソーラスは見えませんでした。まだ若いからなのでしょう。

Dsc_5187j
 
羽片の形の確認のためトリミングをしてみました。

Dsc_5187jj
 
同じく表側も。

Dsc_5183jj

最下羽片の下側第1片が欠如することが多いというのも特徴のようです。(向かって左側のものは最下羽片に欠如が有り、右側のものには最下ではなく2番目の羽片の下の第1片に欠如が見られます。)

Dsc_5181jj  
 
上部は次第に細くなるのではなく段違いに細くなっています。これも良い特徴でしょう。

Dsc_5185j

以上のことから調べて見ました。ニシキシダの印象が有ったので多分その仲間だろうと探したらやはりそうでした。

イヌワラビ イワデンダ科 メシダ属 北海道~沖縄の低地~山地、道端、土手、林縁など普通に見られる夏緑性のシダ 根茎は地中を横走し、赤褐色で披針形の鱗片を付け込み合って葉を出す。葉柄は30~50cmで柔らかく基部に披針形の脱落性の茶褐色の鱗片を付ける。2回羽状複葉で変化が多い。葉身上部は頂羽片状となり葉軸や羽軸は普通紅紫色を帯びる。羽片は披針形、鋭尖頭、基部はクサビ形で柄がありさらに羽裂する。羽片は長楕円形、鋭頭、細鋸歯がある。ソーラスは中肋と辺縁の中間か中肋寄りにつき包膜は線形、馬蹄形、鈎形と混じる。

ソーラスの特徴を書いていてあれ!と思いました。イヌワラビについて前にも書いていました。ただ、前は成長したものこちらは若いもの、時期が違うので違った形をしていました。少しは言い訳になったかな。